【ミュゼ浜口陽三 ヤマサコレクション】2019年9月毎週水曜、金曜ナイトミュージアム限定!黒蜜風しょうゆ等を使った オリジナルカクテルが登場!

【ミュゼ浜口陽三 ヤマサコレクション】2019年9月毎週水曜、金曜ナイトミュージアム限定!黒蜜風しょうゆ等を使った オリジナルカクテルが登場!

2019年9月 毎週水曜、金曜にナイトミュージアムを開催  真夏のサクランボは闇に輝く。浜口陽三 夏の銅版画展

日本橋の個人美術館「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」では、開催中の展覧会「真夏のサクランボは闇に輝く。」に因んで、2019年9月毎週水曜、金曜のナイトミュージアムの期間中、‘さくらんぼ’と‘お醤油’をテーマにしたオリジナルカクテルを美術館カフェにて提供します。銅版画の繊細な作品に響く、詩情豊かなカクテルをお楽しみいただけます。

カクテル

チェリーシロップや黒蜜風しょうゆを隠し味に使ったミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションだけのオリジナルカクテル。秋の夜長を楽しむ一杯をぜひ美術館で。

【ミュゼ浜口陽三 ヤマサコレクション】2019年9月毎週水曜、金曜ナイトミュージアム限定!黒蜜風しょうゆ等を使った オリジナルカクテルが登場!

One and one-half

800円(税込)
静かに照らす光を思わせる、きりっとした大人のカクテル
(ジン、クランベリージュース、チェリーシロップ、トニックウォーター)

【ミュゼ浜口陽三 ヤマサコレクション】2019年9月毎週水曜、金曜ナイトミュージアム限定!黒蜜風しょうゆ等を使った オリジナルカクテルが登場!

Muse(ミューズ)

800円(税込) ※ノンアルコールカクテル
そよ風のような爽やかさと、ふわっと広がる香気なローズ
(さくらんぼジュース、ローズウォーター、レモンジュース、ソーダ)

【ミュゼ浜口陽三 ヤマサコレクション】2019年9月毎週水曜、金曜ナイトミュージアム限定!黒蜜風しょうゆ等を使った オリジナルカクテルが登場!

H(アッシュ)

800円(税込)
ブランデーの香りと濃厚な黒蜜風しょうゆがノスタルジックな味わいを生み出します
(ベイリーズ、ミルク、黒蜜風しょうゆ)

【ミュゼ浜口陽三 ヤマサコレクション】2019年9月毎週水曜、金曜ナイトミュージアム限定!黒蜜風しょうゆ等を使った オリジナルカクテルが登場!

※美術館入館の方には、ドリンク割引券(150円引き)を差し上げています。

レシピ開発

石垣忍氏
2005年にIBA(国際バーテンダー協会)公認の世界大会において優勝
シニア部門で世界一に輝いた【Bar 石の華】オーナーバーテンダー

ナイトミュージアム

通常第1、第3金曜日のところ、9月は会期中毎週水曜、金曜日20時まで開館!
日程:2019年9月4日(水)、9月6日(金)、9月11日(水)、9月13日(金)、9月18日(水)、9月20日(金) 20時まで開館 ※19:30最終入館
この期間、併設のカフェにて17:00~20:00(L.O. 19:30)にカクテルを販売いたします。
※カフェのみのご利用も可能です。通常のカフェメニューもございます。

展覧会概要

タイトル:真夏のサクランボは闇に輝く。-浜口陽三 夏の銅版画展-
展示内容:浜口陽三の代表的モチーフ「さくらんぼ」をテーマに約40点を展示するほか、作品の世界を身近に感じていただく空間演出もしました。展示会場には額から飛び出したさくらんぼがいっぱいです。大人の方もお子様もさくらんぼをめぐって作品の中を冒険するように、展覧会をお楽しみいただけます。
開催日時:2019年7月24日(水)~9月23日(月祝)
会場:東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
TEL:03-3665-0251 FAX:03-3665-0257
アクセス:半蔵門線 水天宮前駅 3番出口 徒歩1分
入館料: 当日 大人:600円(500円)、大学生・高校生:400円(300円)、中学生・小学生:無料
 ( )内は20名以上の団体料金
主催:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
詳細URL:https://www.yamasa.com/musee/

館内施設について

日本橋の片隅で開館20年。お醤油の倉庫として使用していた空間をリノベーションした小さな美術館です。併設の小さなカフェスペースでは、こだわりのメニューを提供します。ご鑑賞後のひとときに、ゆったりした時間をお過ごしください。

お客様からのお問い合わせ先

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
TEL : 03-3665-0251

スイーツメディア

670,250 views

東京・大阪を中心に全国のスイーツ情報イベントやコラボカフェなどの情報を発信

プロフィール
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。