【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を3種類の盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!
スポンサーリンク

伝統的な日本の美を表現した建物で和食を提供する店、「鶴亀樓」(つるかめろう)は、盆栽をモチーフにしたフォトジェニックな3種類のパフェを提供中です。

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

国籍問わず全ての人に愛される「日本食」がコンセプトの「鶴亀樓」は、世界での盆栽ブームに注目。“盆栽”は、世界中の盆栽愛好家が一堂に集う「世界盆栽大会」が4年に一度開催される程、多くのファンがいます。2017年に開催した「世界盆栽大会」は発祥の地、日本で28年ぶりに開催されました。「鶴亀樓」では、世界中で注目されている“盆栽”のような盛り付けをしたパフェを今回3種類(抹茶パフェ・ベリーバナナパフェ・チョコパフェ・各800円税抜)用意しました。
「抹茶パフェ」は、鯛焼きや小豆バーなど「和」を意識した甘味を盛れるだけ豪快に盛りつけており、見た目のインパクトにまず驚きます。
“盆栽”は鉢も含めて楽しむものです。盆栽パフェが提供される際、ひとつひとつ異なるアンティークの藍染めの器と皿の相性にもご注目ください。また、店内のアンティークを使った内装や日本画風の壁の絵を背景に撮影できることも、日本の美を意識した「鶴亀樓」の空間だからこそできる技。この空間にこそ、この美スイーツあり。 鑑賞してたら溶けちゃうぞ。

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

【鶴亀樓(つるかめろう)】

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

場所は、東京・原宿の明治通りを挟んで竹下通りとは逆側に広がる“裏原”エリア。アパレルブランドが立ち並ぶ”裏原” に突如出現する千本格子の3階立ての建物が「鶴亀樓」です。日本古来から縁起がよく、めでたい象徴とされてきた「鶴」と「亀」を、外観だけではなく、内装や器や小物、そしてメニューに至るまで随所に散りばめて「ニッポン」を表現してきました。

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

(スポンサーサイト)

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

■商品名

盆栽パフェ(抹茶パフェ・ベリーバナナパフェ・チョコパフェ)各800円(税抜)

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

■営業時間
【平 日】12:00 – 16:00(L.O.15:30 )  17:30 – 23:00(L.O.22:00)
【土日祝】12:00 – 23:00 (L.O.22:00)
■住所:東京都渋谷区神宮前4-27-2
■TEL:03-5413-3947
■アクセス:千代田線「明治神宮前」より徒歩5分「原宿」駅より徒歩7分
■席数: 86席 1F 32席(店内18席 / テラス14席)
2F 30席(24席 / 個室6席) 3F 24席
■URL : https://kiwa-group.co.jp/tsurukamerou_harajyuku/

【鶴亀樓(つるかめろう)】インスタ映え!日本の文化を盆栽パフェ(BONSAIパフェ) で再現!この空間にこそ、この美スイーツあり!

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る