• HOME
  • スイーツ情報
  • 2020年6月 , 東京
  • 【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

人気NO.1メニューと裏メニューが同時に楽しめるテイクアウト専用キットを開発

梅酒カクテル専門店「The CHOYA銀座BAR(ザ チョーヤ ギンザ バー)」にて、人気カクテルをお家で体験できるテイクアウト専用「The CHOYA 超梅感!体験キット」を2020年6月10日(水)の梅酒の日よりThe CHOYA銀座BARにて数量限定で販売します。

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

新型コロナウイルス感染症の影響による緊急事態宣言は解除されたものの、梅酒カクテルを楽しみたい!けど、BARへ長居する事には躊躇してしまうお客様のニーズにお応えしたテイクアウト専用のキットです。
セット内容は、幻の梅シロップ「The CHOYA 至極の梅シロップ」、3種類のThe CHOYAの本格梅酒、氷点下熟成させたフローズンの手摘み完熟南高梅が10粒。The CHOYA 銀座BARに実在する裏メニューも含め、梅酒カクテル10杯分が気軽に作れ、お家でBAR気分が楽しめる体験キットです。

The CHOYA 超梅感!体験キット3つの楽しみ方

楽しみ方①:熟成梅酒の飲み比べ体験!

梅とお砂糖とお酒のみでつくる本格梅酒は、熟成の個性が際立ちます。
The CHOYA銀座BARで人気の本格梅酒の飲み比べメニュー
「The CHOYA フライト」をお家でプチ体験!

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

楽しみ方②:人気NO.1メニューをお家で体験!

The CHOYA銀座BARのオープン時から不動の人気No.1メニュー
「The CHOYA ソニック」がお家で楽しめます。
フローズン南高梅が1粒入った梅酒カクテルは、見た目だけでなく、梅の特長であるすっぱさもインパクト大!

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

楽しみ方③:裏メニューの圧倒的な梅感を体験!

The CHOYA銀座BARには、梅感NO.1の裏メニューが存在します。
その超梅感をこっそりお家でお楽しみください。
The CHOYA銀座BARでは、裏メニューとご注文下さい。

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

セット内容

氷熟南高梅(フローズン) 10粒

一般市場にめったに出回ることのない幻の手摘み完熟南高梅を氷点下熟成させました。桃のようなフルーティーな香りとしっかりした酸味を楽しめます。
※冷凍品につきドライアイスを同封しますが、保冷時間は2時間までとなっております。

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

The CHOYA至極の梅シロップ 250g  1本

極力無駄な熱を加えず、酸味料・香料・着色料・人工甘味料など無添加でつくりあげたシロップ。
通常時は、公式オンラインショップ「蝶矢庵」限定品:https://www.choya-an.jp/page/53

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

The CHOYA SINGLE YEAR 200ml 1本

口に含んだ瞬間に広がる南高梅の華やかな香りと、重厚な中にも若さのあるキレの良い酸味が特長。

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

The CHOYA AGED 3 YEARS 200ml 1本

趣あるブランデーを思わせる重厚な香りと、まろやかでありながら複雑な余韻が特長。

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

The CHOYA UMEPRESSO 350ml 1本

本格梅酒に7%の梅果汁をブレンド。梅本来の酸味が効いた甘さ控えめのスッキリした味わい。

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

超梅感!体験キット解説書 1部

3つの楽しみ方の詳しい解説書!これで迷うことなく超梅感を実感!

The CHOYA 銀座BARは6月1日より営業再開しております。新型コロナウイルスによる感染症の対策として、東京都の方針に従い、営業時間を14時~22時へ変更。また、短いご滞在をご希望の方に向けたコースメニューの充実やチョーヤ梅酒製品のテイクアウト販売などの対策を行っております。引き続きお客様とスタッフの健康と安全を第一に考え、感染防止及び蔓延抑制に努めてまいります。
チョーヤは「とどけ、梅のちから。」をスローガンに、梅のもつ新しい可能性を追求し、健康的で楽しい毎日を送れるよう梅の素晴らしさを世界中の人々にお届けします。

梅酒の日とは

毎年、入梅の日(6月10日または11日)頃に梅の収穫がピークを迎えること、またこの時期から食中毒や夏バテ対策として梅酒を飲用して欲しいとの想いから、チョーヤが2004年に「梅酒の日」を制定(日本記念日協会認定)しました。

■製品概要
品名   :The CHOYA 超梅感!体験キット
販売価格 :3,500円(税抜き)
販売期間 :6月10日(水)~無くなり次第終了
販売場所 :The CHOYA銀座 BAR
※冷凍品につきドライアイスを同封しますが、保冷時間は2時間までとなっております。
※料飲店等期限付酒類小売免許を使用したテイクアウト専用キットの為、店頭販売のみで配送などは行っておりません。
※希望小売価格は販売店様の自主的な価格設定を拘束するものではありません。
※販売数に限りがあります。品切れの際はご容赦ください。

店舗概要

店名:The CHOYA 銀座 BAR(ザ・チョーヤ ギンザ バー)
時間:
 特別営業期間(6月より当面) 14時00分~22時00分(ラストオーダー21時30分)
 通常営業時 17時00分~23時30分(ラストオーダー23時00分)
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-5 NOCO 7F
TEL:03-3573-8015
アクセス:
 地下鉄丸ノ内線 銀座駅 A1番出口 徒歩1分
 地下鉄銀座線 銀座駅 B5番出口 徒歩1分
 地下鉄日比谷線 銀座駅 B5番出口 徒歩1分
URL:https://www.choya.co.jp/the-choya-ginza-bar/

【The CHOYA 銀座 BAR (ザ チョーヤ ギンザ バー)】チョーヤ梅酒のカクテル専門店からテイクアウト専用キット「The CHOYA 超梅感!体験キット」6月10日(水)梅酒の日より数量限定販売

会社概要

名称: チョーヤ梅酒株式会社
設立: 1962年6月
資本金: 2,800万円
代表者: 代表取締役社長 金銅 重弘(こんどう しげひろ)
事業内容: 梅酒、梅関連製品の製造販売
所在地: 〒583-0841 大阪府羽曳野市駒ヶ谷160-1
主な販売先: 全国酒類卸問屋、欧米各国、東南アジアなど諸外国
ホームページ: https://www.choya.jp

■お問い合わせ先
チョーヤ梅酒株式会社
TEL:072-956-0515(代表)

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スイーツメディア

1,372,612 views

東京・大阪を中心に全国のスイーツ情報イベントやコラボカフェなどの情報を発信

プロフィール
スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。