【スタディオクリップ×リサ・ラーソン】コラボカフェが広島・熊本に8月3日~8月29日期間限定オープン!!

【スタディオクリップ×リサ・ラーソン】コラボカフェが広島・熊本に8月3日~8月29日期間限定オープン!!

ライフスタイル提案型ブランド「studio CLIP(スタディオクリップ)」は8月3日(金)より、スウェーデンの陶芸家「LISA LARSON(リサ・ラーソン)」とのコラボアイテムを全国のstudio CLIP(スタディオクリップ)店舗と公式WEBストア[.st]にて販売を開始

【スタディオクリップ×リサ・ラーソン】コラボカフェが広島・熊本に8月3日~8月29日期間限定オープン!!

この度のコラボに伴い、期間限定で、studio CLIPが運営するカフェ「TEA&BAKE(ティー&ベイク)」で、期間限定のコラボカフェがオープン。
毎日がちょっぴり贅沢になる『楽しく、おいしい』をテーマに、広島と熊本でstudio CLIPが運営するカフェ「TEA&BAKE(ティー&ベイク)」では、8月3日より全国のスタディオクリップ店舗にてコラボレーションアイテムを発売するのを記念して、LISA LARSON(リサ・ラーソン)とのコラボカフェを8月3日~8月29日の期間限定で運営することが決定いたしました。昨年実施したLISA LARSONコラボも大変好評だったため、今回のコラボカフェが実現。
TEA&BAKEではオリジナルの紅茶を展開しており、この度のコラボレーションでも期間限定のオリジナルミルクティー2種類と、猫のキャラクターのマイキーを連想させる暑い夏にぴったりなしましまゼリーを販売します。期間中、TEA&BAKEカフェ店内には北欧の色合いを基調としたLISA LARSON期間限定装飾を施し、インスタ映えする空間を演出します。

メニュー詳細

マイキー/イギーのロイヤルミルクティー ¥450 (+tax)

TEA&BAKEオリジナルの茶葉を使用した、香りのいいミルクティー。苦味もなく飲みやすく、お好みで甘さを調節していただけます。ミルクティーの上にはマイキー・イギ―がプリントされた可愛らしいマシュマロも。

【スタディオクリップ×リサ・ラーソン】コラボカフェが広島・熊本に8月3日~8月29日期間限定オープン!!

マイキーのしましまゼリー ¥480 (+tax)

マイキーを連想させるしましまゼリー。つるっとした甘酸っぱいラズベリーのゼリーと、舌触りがなめらかなブラマンジェが層になっています。ゼリーの上にはクリームと、マイキーがプリントされたクッキーがのっています。



【スタディオクリップ×リサ・ラーソン】コラボカフェが広島・熊本に8月3日~8月29日期間限定オープン!!

カフェ詳細

・studio CLIP ゆめタウン広島店 TEA&BAKE カフェ
住所:広島県広島市南区皆実町2-8-17ゆめタウン広島1F
営業時間:10:00~22:00
期間:8月3日(金)~8月29日(水)

・studio CLIP ゆめタウン光の森 TEA&BAKE カフェ
住所:熊本県菊池郡菊陽町光の森7-33-1 ゆめタウン光の森2F
営業時間:10:00~22:00
期間:8月3日(金)~8月29日(水)

studio CLIPについて

「まいにち、よりみち」をブランドメッセージとして、なにげない毎日の中に、ちょっと特別な時間を過ごせるライフスタイルを提案しているブランドです。国内に195店舗(2018年2月期時点、WEBストア含む)展開し、30~40歳代の女性をターゲットにしています。
ブランド公式HP: http://www.studio-clip.jp/
公式WEBストア[.st]: http://www.dot-st.com/studioclip/
SNS:Instagram:studioclip / facebook:@StudioClip / twitter:@studio_clip

アダストリアについて

株式会社アダストリア(代表取締役会長兼社長:福田三千男)は、「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など、グループで20を超えるブランドを国内外で約1,500店舗を展開するカジュアルファッション専門店チェーンです。“ファッションと人生を楽しみながら、たくさんのワクワクを世界に届けていきたい”という想いを込め、「Play fashion!」をコーポレートスローガンとして掲げています。

【スタディオクリップ×リサ・ラーソン】コラボカフェが広島・熊本に8月3日~8月29日期間限定オープン!!

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る