【招福門】横浜中華街初!閉店した『銀座マキシム・ド・パリ』で働いていた当店パティシエが作るあの伝説の「苺のミルフィーユ」期間限定販売

【招福門】横浜中華街初!閉店した『銀座マキシム・ド・パリ』で働いていた当店パティシエが作るあの伝説の「苺のミルフィーユ」期間限定販売
スポンサーリンク

銀座マキシム・ド・パリの苺のミルフィーユに横浜中華街招福門で出会う

招福門(横浜本店)にて、『銀座マキシム・ド・パリ』で働いていた当店パティシエが作る伝説の「苺のミルフィーユ」を期間限定で販売いたします。

【招福門】横浜中華街初!閉店した『銀座マキシム・ド・パリ』で働いていた当店パティシエが作るあの伝説の「苺のミルフィーユ」期間限定販売

惜しまれつつ閉店した銀座の老舗フランス料理店、『銀座マキシム・ド・パリ』閉店の6月30日にはファンが殺到し、昼にはすべての商品が完売となるほど愛されていた「苺のミルフィーユ」

【招福門】横浜中華街初!閉店した『銀座マキシム・ド・パリ』で働いていた当店パティシエが作るあの伝説の「苺のミルフィーユ」期間限定販売

当店のパティシエ(青柳 龍弥)は実際に「苺のミルフィーユ」をはじめ、レストランで提供するデザートを閉店まで担当していました。そんなパティシエ青柳の「苺のミルフィーユ」をもう一度作りたいという想いをもとに試行錯誤を重ね、約3年の月日をかけて商品化。カスタード、パイ生地、クリームそれぞれ当時のものは使わず、ルックスは当時のままに”再生”しました。いままで一部の関係者のみ提供していた「苺のミルフィーユ」を、招福門創業19周年企画としてみなさまにお届けいたします。思い入れのある方も、初めての方にも楽しめるような「苺のミルフィーユ」とこの機会に招福門で出会って下さい。

苺のミルフィーユ

【招福門】横浜中華街初!閉店した『銀座マキシム・ド・パリ』で働いていた当店パティシエが作るあの伝説の「苺のミルフィーユ」期間限定販売

販売価格:3,500円(税別)
サイズ:(SSサイズ)10cm×15cm×7cm 
※パイ2枚・クリーム1段
販売場所:横浜中華街 招福門本店

商品説明:カスタードはたっぷりのバニラビーンズとオレンジのさわやかな香りのコアントローを使用。高温で焼き上げたパイ生地にカスタードとフレッシュな苺をサンドしました。ローストしたアーモンドとクレームシャンテリーとの絶妙なバランスがさらに美味しさを引き立てます。



【招福門】横浜中華街初!閉店した『銀座マキシム・ド・パリ』で働いていた当店パティシエが作るあの伝説の「苺のミルフィーユ」期間限定販売

販売期間:2018年4月2日(月)、3日(火)、5日(木)、7日(土)、8日(日)、10日(火)、13日(金)、14日(土)、15日(日)、19日(木)、21日(土)、22日(日)

特設ページ:http://www.shofukumon.com/sweets/
Instagram:@shofukumon

招福門について

横浜中華街南門シルクロード中央に位置する、地下1階から6階まで総数500席を誇る大型広東料理店です。フカヒレ料理専門のメインダイニング「魚翅酒家(ユウチイシュカ)」と、本場点心師による手づくり飲茶専門の食べ放題で楽しめる「點心酒家(テンシンシュカ)」と、”モダンチャイニーズ”料理を中心とした新感覚のオーダー制食べ放題「美食同源(ビショクドウゲン)」があり、好きなフロアで食事を楽しむことができます。また、大小様々な個室をご用意しておりますので、6名様から最大120名様までの宴会も可能です。

【招福門】横浜中華街初!閉店した『銀座マキシム・ド・パリ』で働いていた当店パティシエが作るあの伝説の「苺のミルフィーユ」期間限定販売

<店舗概要>
店舗名:横浜中華街 招福門横浜本店
住所:横浜市中区山下町81-3
電話番号:045-664-4141
営業時間:
平 日/11:30~22:00(L.O.21:00)
土日祝/11:00~22:00(L.O.21:00)
※ご利用フロアによってランチ・ディナータイムの営業時間が異なります
定休日:無休

【招福門】横浜中華街初!閉店した『銀座マキシム・ド・パリ』で働いていた当店パティシエが作るあの伝説の「苺のミルフィーユ」期間限定販売

【招福門】横浜中華街初!閉店した『銀座マキシム・ド・パリ』で働いていた当店パティシエが作るあの伝説の「苺のミルフィーユ」期間限定販売

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る