【招福門】銀座マキシム・ド・パリ伝説の「苺のミルフィーユ」をクリスマスシーズンに期間限定販売

【招福門】銀座マキシム・ド・パリ伝説の「苺のミルフィーユ」をクリスマスシーズンに期間限定販売
スポンサーリンク

招福門(横浜中華街 横浜本店)にて、今春に販売しました苺のミルフィーユ、ご興味いただきましたお客様よりクリスマスシーズンに販売してほしいとの声を多く頂戴しました。このような声にお応えすべく2018年12月の土日及びクリスマス期間に販売

また、レストランフロア(魚翅酒家)では同販売日に限り1カットからご注文いただけますで、マキシム・ド・パリのミルフィーユを知らない方にもおすすめとなっております。

【販売日12月】1 (土)・2 (日)、8(土)、9(日)、15(土)、16(日)、21(金)、22(土)、23(日)、24(月)、25(火)、29(土)、30(日)

【招福門】銀座マキシム・ド・パリ伝説の「苺のミルフィーユ」をクリスマスシーズンに期間限定販売

ミルフィーユ特設ページ:http://www.shofukumon.com/sweets/
Instagramでもご紹介:@shofukumon

当店のパティシエ(青柳 龍弥)はマキシム・ド・パリに入社し菓子製造担当後、レストランデザートを担当し、マキシム・ド・パリが閉店する2015年6月まで実際に苺のミルフィーユを担当。その後、2015年8月より招福門横浜本店にて苺のミルフィーユをもう一度作りたいという想いをもとにカスタード、パイ生地、クリームそれぞれ当時のものは使わず、ルックスは当時のままに”再生”。ミルフィーユに思い入れのある方も、初めての方にも楽しめます。そんな「苺のミルフィーユ」と出会いに、招福門へ足を運んでみませんか?

【招福門】銀座マキシム・ド・パリ伝説の「苺のミルフィーユ」をクリスマスシーズンに期間限定販売

当商品は、カスタードたっぷりのバニラビーンズとオレンジのさわやかな香りのコアントローを使用。高温で焼き上げたパイ生地にカスタードとフレッシュな苺をサンドしました。ローストしたアーモンドとクレームシャンテリーとの絶妙なバランスがさらに美味しさを引き立てます。



商品概要

商品名:苺のミルフィーユ(SSサイズ)※パイ2枚・クリーム1段
販売価格(税別):3,500円、レストラン提供は1カット700円
賞味期限:本日中
サイズ:(SSサイズ)10cm×15cm×7cm
原材料:乳・苺・小麦粉・砂糖・無発酵バター・フランボワーズジャム・卵黄・アーモンドスライス・コアントロー(洋酒)・カンテンパウダー・バニラビーンズ・バニラペースト・塩・小麦グルテン・不活化イースト・フランボワーズ・ゲル化剤(ペクチン)・酸味料
アレルゲン:乳、卵、小麦

<販売スケジュール>
2018年12月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)、21日(金)、22日(土)、23日(日)、24日(月)、25日(火)、29日(土)、30日(日)

<お受け渡し場所>
招福門 横浜本店 1階売店内【ミルフィーユ専用カウンター】
所在地:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町81-3

<お問い合わせ>
電話 : 045-664-4141 平日祝祭日 11:00~20:00
HP: http://www.shofukumon.com/

招福門 横浜本店

横浜中華街の南門シルクロード中央に位置する地下1階から6階まで総席数550席を誇る大型広東料理店です。本場香港の点心師手づくりの香港飲茶食べ放題「點心酒家(テンシンシュカ)」、フカヒレ料理を中心とした本格広東料理のメインダイニング「魚翅酒家(ユウチイシュカ)」、世界中の調理法でアレンジした”モダンチャイニーズ”料理を楽しめる新感覚オーダー制食べ放題「美食同源(ビショクドウゲン)」があります。また、3~5階には、大小様々な個室を12部屋ご用意しております。 ご家族での団欒から大切なお客様とのご会食、大人数でのご宴会まで シーンに合わせてフレキシブルにご利用いただけます。お料理は多彩な広東料理のフルコースをご用意、ご予算に合わせてお選びいただけます。

魚翅酒家|メインダイニング
[平日]昼 11:30~15:30(L.O. 14:30)
[平日]夜 17:00~22:00(L.O. 21:00)
[土日祝] 11:00~22:00(L.O. 21:00)

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る