【サラベス 名古屋店】自慢のサンドウィッチ、スコーンなどを2段のケーキスタンドでご用意「アフタヌーンティーセット」

【サラベス 名古屋店】自慢のサンドウィッチ、スコーンなどを2段のケーキスタンドでご用意「アフタヌーンティーセット」
スポンサーリンク

優雅な午後を楽しむスペシャルセット 販売開始: 2018年6月1日(金)~ 平日14:00~16:30(LO)

ニューヨーク発祥のレストラン「サラベス」の名古屋店では、6月1日(金)より、平日14:00~16:30(ラストオーダー)の時間限定で『アフタヌーンティーセット』(1,800 円・税別)の提供を開始します。

【サラベス 名古屋店】自慢のサンドウィッチ、スコーンなどを2段のケーキスタンドでご用意「アフタヌーンティーセット」

【サラベス 名古屋店】自慢のサンドウィッチ、スコーンなどを2段のケーキスタンドでご用意「アフタヌーンティーセット」

“アフタヌーンティー”は、紅茶のほかに、スコーンやケーキ類、サンドイッチなどの軽食を優雅に楽しむ英国発祥の喫茶習慣。オペラ鑑賞前の腹ごしらえや、女性の社交場としてとして始まり、上流階級だけでなくイギリス国内で広く普及した文化です。「サラベス」名古屋店では、自慢のサンドウィッチ、スコーンなどを2段のケーキスタンドでご用意しました。幸せが広がるスイーツを囲んで、ゆっくりと会話を楽しみながらの優雅なアフタヌーンティーはいかがでしょうか。ワクワクするような美味しいメニューの一つひとつが、楽しい午後のひと時を演出します。

■「サラベス」名古屋店 『アフタヌーンティーセット』 販売概要

【サラベス 名古屋店】自慢のサンドウィッチ、スコーンなどを2段のケーキスタンドでご用意「アフタヌーンティーセット」

  • メニュー:『アフタヌーンティーセット』 1,800円(税別)
  • 販売開始:2018年6月1日(金)~
  • 提供時間:平日14:00~16:30(LO)
  • 店舗:「サラベス」名古屋店
  • 住所:名古屋市中村区名駅1-1-3 タカシマヤ ゲートタワーモール 1F
  • TEL:052-566-6102
  • 営業時間:9:00~22:00(21:00 フードLO、21:30ドリンクLO)
  • 公式HP:http://www.sarabethsrestaurants.jp

■ 「サラベス」 について

「Sarabeth’s(サラベス)」は、ニューヨーク出身の女性サラベス・レヴィーンにより、1981年ニューヨークのアッパーウェストサイドに創業しました。家族に伝わるレシピで作るフルーツスプレッド(果物の甘味をいかした砂糖控えめのジャム)をはじめ、フレンチトースト、パンケーキ、エッグベネディクト、ワッフルなど伝統的なアメリカの朝食メニューの“ヘルシー&リッチ”な味わいから人気です。レストラン格付けガイド「Zagat」ではニューヨークNo.1デザートレストランに選ばれ、「New York Magazine」からは“NYの朝食の女王”と賞賛され、多くのセレブリティも足を運び、映画「恋するベーカリー」で主演のメリル・ストリープに調理指導をしたことでも有名です。現在はアメリカに11店舗、ドバイ1店舗、ソウル1店舗、台湾4店舗、日本国内5店舗(新宿/品川/東京/名古屋/大阪)を展開しています。

(スポンサーサイト)

【サラベス 名古屋店】自慢のサンドウィッチ、スコーンなどを2段のケーキスタンドでご用意「アフタヌーンティーセット」

国内店舗

ルミネ新宿店
東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ2 2F (JR新宿駅 南口 徒歩1分)
TEL.03-5357-7535

品川店
東京都港区港南2-18-1 アトレ品川 4F (JR品川駅 港南口 徒歩3分)
TEL.03-6717-0931

東京店
東京都千代田区丸の内1-8-2 鉃鋼ビルディング南館 2・3F (JR東京駅 八重洲北口 徒歩2分)
TEL.03-6206-3551

名古屋店
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 タカシマヤ ゲートタワーモール 1F
TEL. 052-566-6102

大阪店
大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ B1F (JR大阪駅 直結)
TEL.06-6147-7257

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る