【ザ・リッツ・カールトン大阪×Asprey(アスプレイ)】英国王室御用達ラグジュアリーハウス コラボレーション アフタヌーンティー

スポンサーリンク
【ザ・リッツ・カールトン大阪×Asprey(アスプレイ)】英国王室御用達ラグジュアリーハウス コラボレーション アフタヌーンティー

1781年創業の英国王室御用達ラグジュアリーハウス、Asprey(アスプレイ)は、ザ・リッツ・カールトン大阪とコラボレーションした、「Asprey(アスプレイ)」アフタヌーンティーを2018年5月1日(火)から6月30日(土)まで開催します。

【ザ・リッツ・カールトン大阪×Asprey(アスプレイ)】英国王室御用達ラグジュアリーハウス コラボレーション アフタヌーンティー

日本初のオリジナルアフタヌーンティーは、ザ・リッツ・カールトン大阪の総料理長コンラド・トロンプ氏が監修し、Aspreyのテーマカラーであるパープルの上品なフラワーやロゴをあしらったショートブレッド、王冠(クラウン)のチョコレートを飾ったアップルクランブル、トリュフを使用したミルクブレッド、イングリッシュマフィンサンドなど、Aspreyが育まれた英国の美食をイメージしたスイーツや軽食が取り揃えられ、一部のメニューではAspreyのイングリッシュ・ボーン・チャイナ製のティーセットでサーブされます。あわせてAspreyが本店として店を構える通りの名(ニューボンドストリート、アルバマール、グラフトン)を冠したスペシャルなカクテルが付いたコースもご用意しています。会場となる1階のザ・ロビーラウンジには、英国貴族の邸宅を思わせるヨーロッパの調度品が飾られ、重厚で落ち着いた空間の中で、ゆったりとアフタヌーンティーをお楽しみいただけます。

【ザ・リッツ・カールトン大阪×Asprey(アスプレイ)】英国王室御用達ラグジュアリーハウス コラボレーション アフタヌーンティー

■ Asprey Afternoon Tea

期間:2018年5月1日(火)~6月30日(土)
時間:11:00~19:00
価格:
 Asprey アフタヌーンティー 4,900円
 Asprey コラボレーションカクテル付きアフタヌーンティー 6,900円
 ザ・リッツ・カールトン シグネチャーアフタヌーンティー 7,500円
 (グラスシャンパン「ペリエ  ジュエ ベル エポック 2011」付き)
 ※全て税金・サービス料15%別
場所:ザ・ロビーラウンジ(1F)
予約:電話 06-6343-7020(レストラン予約)、WEBサイト www.ritz-carlton.co.jp

≪Asprey アフタヌーンティー メニュー内容≫

【軽食】
イングリッシュマフィン ポークソーセージ レッドオニオンのピクルス ルッコラ ミモレットチーズ、レッグハム ハニーマスタード バンズロール、ミルクブレッド トリュフエッグサラダ チャイブ、ディル風味の胡瓜と紫芋サンドイッチ

(スポンサーサイト)

【スイーツ】
ストロベリートライフル、トラディショナル フルーツケーキ、アップルクランブル クラウンチョコレート、ショートブレット レモンカード パープルチョコレートフラワー、ストロベリードーム、パープルスコーン、ベーコンスコーン、クロテッドクリーム、ジャム

【ドリンク】
コーヒー または 紅茶

「Asprey(アスプレイ)」

Aspreyは1781年に誕生して以来、品質、洗練、革新という、核となる価値観を元に、ブリティッシュ・ラグジュアリーを定義づけてきました。コレクションは、受け継がれた価値のエッセンスとマジックを完璧に表現し、その現代的な解釈で人々を魅了し続けています。イギリスの象徴的な高級ブランドで、時計、革製品、ジュエリー、クリスタルやシルバーを専門的に扱っており、職人の熟練した技術で特別注文にも対応します。

Asprey 公式HP、Facebook、Instagramは以下をご覧ください。
ウェブサイト:http://www.asprey.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/Asprey (英語)
Instagram: https://www.instagram.com/aspreylondon/ (英語)

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る