【オリエンタルホテル 東京ベイ】新年を祝うフランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」

【オリエンタルホテル 東京ベイ】新年を祝うフランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」
スポンサーリンク

オリエンタルホテル 東京ベイでは、2018年1月1日(月・祝)~31日(水)の期間、パティスリーにて新年を祝う「ガレット・デ・ロワ」(王様のお菓子)を販売いたします。

販売期間:2018年1月1日(月・祝)~31日(水)

ガレット・デ・ロワは、フランスでは新年に欠かせない伝統的なお菓子で、切り分けたケーキから「フェーヴ」と呼ばれる陶器の人形が出た人は、王冠をかぶり祝福を受け、その1年幸せに過ごせるといわれています。
ペストリーシェフ 長田学が作るガレット・デ・ロワは、しっとりとしたアーモンドクリームを、バターたっぷりのサクサクしたパイ生地で包み、フェーヴの代わりにアーモンドを一粒入れました。王冠と陶器のフェーヴを別添えにしてお渡しいたします。
新年のお集まりやパーティーの主役に、ぜひご賞味ください。

ガレット・デ・ロワ

【オリエンタルホテル 東京ベイ】新年を祝うフランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」



  • 販売期間:2018年1月1日(月・祝)~31日(水)
  • 価格:1台(直径15cm)2,000円 ※王冠(紙製)・フェーヴ(陶器製)各1個付き、税込
  • 販売場所:パティスリー(2階)
  • お問い合わせ・ご予約:Tel.047-350-8561(レストラン予約)

長田 学(おさだ がく) ペストリーシェフ

【オリエンタルホテル 東京ベイ】新年を祝うフランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」

辻製菓専門学校フランス エスコフィエ校を卒業後、世界的に知られるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で注目を浴びたショコラティエ「プラリュ」にて研鑽を積み、製菓学校講師を経て1999年パークハイアット東京に入社。2006年からはスーシェフとして勤務。2013年オリエンタルホテル 東京ベイに入社。「パティスリー」店頭用とウエディングケーキ双方を 統括。海外や五つ星ホテルで培った経験と感性で多彩なパティスリー商品を展開します。

オリエンタルホテル 東京ベイ

1995年開業。客室数503室、料飲施設5店舗、大中小の宴会場、チャペルなどを備える東京ディズニーリゾート(R)・パートナーホテル。JR京葉線新浦安駅北口直結で、東京ディズニーリゾート(R)まで1駅3分、無料シャトルバスの利用で15分。
https://www.oriental-hotel.co.jp/
オリエンタルホテル 東京ベイは、株式会社ホテルマネージメントジャパンのグループホテルです。

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る