【ななや】静岡抹茶スイーツ「冷やしチョコ 始めました。」第一弾・3種の胡椒と天然塩の青いチョコレートを新発売!~冷やして食べるお茶チョコレート~

【ななや】静岡抹茶スイーツ「冷やしチョコ 始めました。」第一弾・3種の胡椒と天然塩の青いチョコレートを新発売!~冷やして食べるお茶チョコレート~
スポンサーリンク

静岡抹茶を使用した菓子・製造を行う「ななや」を運営する丸七製茶株式会社は、今年は企画を新たに青いチョコレートを発売

まずは直営の藤枝店、静岡店、青山店、京都三条店にて5月9日より順次販売を広げて参ります。夏に向けて涼しげでエキゾチックな青いチョコレートの味わいをお楽しみください。

夏チョコ開発にあたって

<“ほんもの”の香味が楽しめるお茶チョコレートをできるだけ多くの人に楽しんで頂きたい>
冬に人気のチョコを夏には冷やして食べるチョコレートを作りました。カカオバターの口溶けを活かしつつ、独自のホワイトチョコ製造の技術を生かし、珍しい青い色のチョコレートを作りました。夏向けに口溶けの良い滑らかなチョコよりも落雁を思わせるラフグラインドチョコタイプのざらざらした後味の切れの良い新感覚のチョコに仕上げました。きび砂糖を使用した優しい甘味は後味も上品で優しい味わいを生み出し、塩胡椒のアクセントが香味をよりいっそう楽しんでいただけます。

【ななや】静岡抹茶スイーツ「冷やしチョコ 始めました。」第一弾・3種の胡椒と天然塩の青いチョコレートを新発売!~冷やして食べるお茶チョコレート~

ハーブティーの成分を活かした夏チョコ

このチョコレートにはタイでは人気の美のハーブティー“バタフライピー”(蝶豆花)を使用しています。ブルーベリーの4倍のアントシアニンが含まれていると言われ、お茶屋としてこのハーブティーの個性を活かし、さらに天然塩と赤、白、黒の3種の胡椒を使用し、甘くほのかに塩気を感じつつ胡椒のスパイシーな香味が今までにないお茶チョコレートになりました。冷蔵庫で冷やして保管し、常温に戻る少し前の優しい冷たさに戻してからお召し上がりください。

【ななや】静岡抹茶スイーツ「冷やしチョコ 始めました。」第一弾・3種の胡椒と天然塩の青いチョコレートを新発売!~冷やして食べるお茶チョコレート~

<スポンサーリンク>

商品概要

商品名:夏チョコ「青い三胡椒」
内容量:50g
原材料:ココアバター、砂糖、全粉乳、蝶豆花パウダー、胡椒、塩
賞味期限:6ヶ月
保存方法:常温(28℃以下)にて保存
販売場所:弊社直営店、ネットショップ、茶専門小売店等

発売日程について

2019年5月8日 藤枝店先行発売
2019年5月9日 静岡店、青山店、京都三条店、牧之原店にて販売開始
2019年5月12日 ふじのくに茶の都ミュージアムショップ、ネット販売開始
取扱店舗の詳細は以下でご確認ください。
https://nanaya-matcha.com/?mode=f4&sid=10
手作りチョコレートのため生産量に限りがあります。順に生産を増やして参りますが、売り切れの際にはご容赦ください。

弊社のチョコレート作りについて

カカオの焙煎から完成品にするまですべての工程を自家製にて作る“ビーン・ツー・バー”と呼ばれるチョコレート作りを2016年春から始め、2017年に始めて夏チョコ7種を発売しました。2018年にはインターナショナルチョコレートアワードにて独創的なアイデアと加工技術が評価されほうじ茶チョコが銀賞、抹茶チョコが銅賞を受賞しました。秋にはパリで開催されたサロンデュショコラに出展し、現地の方からもビターな味わいを高く評価頂くことができました。今後もお茶メーカーとしての経験を生かしてお茶を使ったクラフトチョコレート作りを主に様々な商品化にチャレンジし、チョコレートメーカー様にはチョコレート使用するより魅力的なお茶の提案を進めて参ります。

【ななや】静岡抹茶スイーツ「冷やしチョコ 始めました。」第一弾・3種の胡椒と天然塩の青いチョコレートを新発売!~冷やして食べるお茶チョコレート~

【ななや】静岡抹茶スイーツ「冷やしチョコ 始めました。」第一弾・3種の胡椒と天然塩の青いチョコレートを新発売!~冷やして食べるお茶チョコレート~

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る