【GINZA SIX 南風農菓舎】銀座のOLさんへ!カラー芋デザート「おちょ棒」 仕事の合間におちょぼ口で食べられる 2月1日販売開始

【GINZA SIX 南風農菓舎】銀座のOLさんへ!カラー芋デザート「おちょ棒」 仕事の合間におちょぼ口で食べられる 2月1日販売開始
スポンサーリンク

菓子の製造・販売を行う株式会社 大隅半島農林文化村の南風農菓舎は、東京・銀座エリアにある最大規模の複合商業施設「GINZA SIX」内の直売店舗でオリジナルのカラー芋デザート「おちょ棒」を2018年2月1日に販売開始いたします。

南風農菓舎ホームページ: http://minami-kaze.com

【カラー芋デザート「おちょ棒」開発の背景】

南風農菓舎(みなみかぜのうかしゃ)は、「GINZA SIX」にスイーツ部門では九州で唯一独自店舗を開きました。大隅半島の直営「南風ガーデン」で育てた素材のオリジナルデザートを販売し、スタート以来、銀座のOLの皆さんに贔屓にしていただいています。あるとき「仕事のお休みタイムにちょっと気軽にほおばるデザートがほしい」と要望を受け、カラー芋「おちょ棒」の開発が始まりました。カラー芋は食物繊維やビタミンを含み、紫芋のアントシアニンはパソコンで疲れた目にも優しいため銀座のOLさんにぴったりです。

【カラー芋デザート「おちょ棒」の特長】

  1. カラー芋とは…大隅半島は日本一の唐芋の生産地です。サツマイモは世界の広い範囲で栽培され食糧としていかされていますが、有色のサツマイモの研究は日本が最も進んでいます。当社では有色のサツマイモを「カラー芋」と呼び、30年前から直営農場で栽培しデザートの原料として活用しています。
  2. 当社は直営農場で150品種のカラー芋を自然栽培しています。その中から特に「紅・紫・黄」の3色の芋を選び、銀座のOLの皆さんのためのデザートを創作しました。
  3. 防腐剤は使わないため、瞬間冷凍して「GINZA SIX」に直送、新鮮な作りたてのデザートをお楽しみいただけます。カラー芋は冷やしたほうが美味しいという特長があり、ビタミンCや食物繊維も豊富です。
  4. OLの皆さんがお手を煩わさなくても良いように、デザートに棒をつけました。少しめずらしいバーションです。一般的なスイートポテトよりなめらかで、あっさりした味わい。3色の彩りも楽しめます。
  5. 「おちょ棒」という名前の由来は、おちょぼ口で食べる棒付きのデザートということです。
  6. 南風ガーデンの地下水(ミネラル成分)で作ります。
  7. おちょ棒とともに、他に新商品としてカラー芋の「とろ~り焼芋」、ガーデン素材の「蝶々のデザート」なども同時発売いたします。

【カラー芋デザート「おちょ棒」の概要】

【GINZA SIX 南風農菓舎】銀座のOLさんへ!カラー芋デザート「おちょ棒」 仕事の合間におちょぼ口で食べられる 2月1日販売開始

(スポンサーサイト)

名称   : カラー芋デザート「おちょ棒」
販売開始日: 2018年2月1日
販売料金 : 3本入800円(税込)
サイズ  : 縦130mm×横110mm×高25mm
カラー  : 黄金色・紫色・紅色 各1本入
販売店  : 南風農菓舎・デザートハウス GINZA SIX店
URL    : http://www.minami-kaze.com/

【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社 大隅半島農林文化村
南風農菓舎・デザートハウス
Tel:0994-47-3118

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る