【Uchi Café×GODIVA】ローソン秋スイーツ ヨーロッパ産マロンを使ったショコラモンブランやお月見ショコラ大福など発売!

【Uchi Café×GODIVA】ローソン秋スイーツ ヨーロッパ産マロンを使ったショコラモンブランやお月見ショコラ大福など発売!
スポンサーリンク

9月4日(火)より順次、全国のローソン店舗(ローソンストア100、一部沖縄を除く)で、GODIVA監修のコラボスイーツ3品を発売

秋の味覚“栗”の味わいを楽しめるショコラモンブランや、七夕に続く「歳時スイーツ」第2弾となるお月見ショコラ大福など、秋の訪れを感じていただけるラインナップです。
ローソンとGODIVA社は、2017年6月より、「お近くのローソンでその時だけ出会える特別な商品をご提供したい」という思いを込めて、“一期一会”をテーマに共同開発した商品を発売しています。これまでに全12商品を発売し、シリーズ累計1,400万個を販売しました。

9月4日(火)発売「Uchi Café × GODIVA ショコラモンブラン」税込480円

カカオの香り高いチョコレートクリームと、チョコレートガナッシュを、ヨーロッパ産マロンを使ったクリームで包んだ、栗の味わいが豊かなモンブランです。甘酸っぱいカシスジュレのアクセントが、まろやかな栗の甘みとチョコレートの味わいを引き立てます。チョコレートでコーティングした土台のメレンゲは、軽い口当たりで、クリームとのバランスが絶妙です。上には、シェービングチョコレートとココアパウダーをトッピング。仕上げにロゴ入りのチョコレートを飾りつけました。

【Uchi Café×GODIVA】ローソン秋スイーツ ヨーロッパ産マロンを使ったショコラモンブランやお月見ショコラ大福など発売!
【Uchi Café×GODIVA】ローソン秋スイーツ ヨーロッパ産マロンを使ったショコラモンブランやお月見ショコラ大福など発売!

9月4日(火)発売「Uchi Café × GODIVA ショコラケーキ」 税込350円

カカオの香り高い濃厚な味わいのチョコレートガナッシュに、香ばしいピーカンナッツをアクセントに添えたショコラケーキです。グラハムビスケットには食感のアクセントにフィアンティーヌ(※1)とアーモンドを加えました。なめらかでコクのあるチョコレートガナッシュをのせ、上には香り豊かで食感のよいピーカンナッツと、ロゴ入りのチョコレートを飾りました。
(※1)フィアンティーヌとは、クレープ生地を薄く焼き上げて砕いたものです。

【Uchi Café×GODIVA】ローソン秋スイーツ ヨーロッパ産マロンを使ったショコラモンブランやお月見ショコラ大福など発売!

【Uchi Café×GODIVA】ローソン秋スイーツ ヨーロッパ産マロンを使ったショコラモンブランやお月見ショコラ大福など発売!



9月21日(金)発売「Uchi Café × GODIVA お月見ショコラ大福(4個入)」 税込900円

(9月21日(金)から23日(日)までの3日間の発売(※2))
<沖縄地区での販売はありません>
「歳時スイーツ」第2弾はお月見をテーマに、ショコラとマロンショコラ、2つのテイストをセットにした1口サイズの大福です。専用のケースに入れて、Uchi Café×GODIVA専用ショッパーと一緒にご提供します。

  • ショコラ大福
    なめらかな口当たりのホイップクリームを濃厚なチョコレートガナッシュの中に入れ、くるみを練り込んだ柔らかな餅で包みました。周りにはダークココアパウダーをまぶしました。
  • マロンショコラ大福
    カカオを感じる軽やかなチョコレートホイップクリームを栗の風味豊かなマロンクリームの中に閉じ込め、柔らかな餅で包みました。周りにはココアパウダーをまぶしました。

(※2)9月21日(金)夕方より店舗に入荷します。一部店舗では9月24日(月)まで販売します。

【Uchi Café×GODIVA】ローソン秋スイーツ ヨーロッパ産マロンを使ったショコラモンブランやお月見ショコラ大福など発売!

【Uchi Café×GODIVA】ローソン秋スイーツ ヨーロッパ産マロンを使ったショコラモンブランやお月見ショコラ大福など発売!

【Uchi Café×GODIVA】ローソン秋スイーツ ヨーロッパ産マロンを使ったショコラモンブランやお月見ショコラ大福など発売!

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る