【JUNO 自由が丘本店】老舗ブランド「ジュノエスクベーグル」が「JUNO」としてリニューアル 旗艦店が4月26日グランドオープン!

【JUNO 自由が丘本店】老舗ブランド「ジュノエスクベーグル」が「JUNO」としてリニューアル 旗艦店が4月26日グランドオープン!

「ベーグル屋さんの、おいしいベーグル。」をコンセプトに老舗ブランドがリニューアル

2019年4月26日、東京・自由が丘にベーグルをテーマとしたカフェ「JUNO(ジュノ) 自由が丘本店」をオープンするはこびとなりましたので、お知らせいたします。

【JUNO 自由が丘本店】老舗ブランド「ジュノエスクベーグル」が「JUNO」としてリニューアル 旗艦店が4月26日グランドオープン!

1998年に東京・自由が丘で誕生したベーグル専門ファクトリー「ジュノエスクベーグル」が、 この春「JUNO」として新しく生まれ変わります。 約20年間、一つひとつ丁寧に作り続けてきた伝統の製法を守りつつ、 より良い材料を厳選し、日本人の食生活に寄り添ったベーグルに仕上げました。 「ベーグル屋さんの、おいしいベーグル。」をコンセプトにブランド名も「JUNO」と刷新し、 朝食やおやつにとどまらない毎日食べたくなる、バリエーション豊かなベーグルの食べ方をご提案。 その旗艦店として、「JUNO 自由が丘本店」が4月26日にグランドオープンします。

より良い素材で、よりシンプルに、よりおいしく。新ブランド「JUNO」三茶ファームの野菜をつかったデリメニューの提供も

「JUNO 自由が丘本店」は、JUNOブランドの旗艦店となるベーグルカフェです。JUNOのプレーンベーグルは、国産小 麦、天然酵母、塩、きび砂糖だけでつくられています。それだけシンプルだからこそ、素材選びにこだわっています。 塩は、沖縄の与根製塩所が平釜製法で作ったものを。砂糖はミネラル豊富なきび砂糖を。さらに国産小麦と天然酵母 で、手作りのナチュラルかつシンプルな製法で作られるため、おいしさが長持ち。 当店ではランチタイムに、ベーグルサンドやディップとともに、三軒茶屋で国産の有機・自然栽培の野菜を販売する八 百屋「三茶ファーム」の野菜をつかったベーグルランチメニューもご用意。和食のエッセンスを取り入れた旬のメニュー を、ベーグルに合わせてご提案いたします。

<スポンサーリンク>

【JUNO 自由が丘本店】老舗ブランド「ジュノエスクベーグル」が「JUNO」としてリニューアル 旗艦店が4月26日グランドオープン!

メニュー例

<イートイン>
 ベーグルランチ 1,500円
 キッズセット 600円ほか
<テイクアウト>
 ベーグルサンドイッチセット(スープ付き)1,000円ほか
(以上、すべて税別)

店舗概要

【JUNO 自由が丘本店】老舗ブランド「ジュノエスクベーグル」が「JUNO」としてリニューアル 旗艦店が4月26日グランドオープン!

店名 : JUNO 自由が丘本店(ジュノ△ジユウガオカホンテン)
所在地 : 東京都世田谷区奥沢7-2-9
電話番号 : 03-5758-2557 (※4/26より開通予定)
営業時間 : 11:00〜15:00 (L.O.14:00)
席数 : 60席
定休日 : 月曜日(祝日の場合は火曜日)
想定単価 : 1,500円

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スイーツメディア

282,051 views

東京・大阪を中心に全国のスイーツ情報イベントやコラボカフェなどの情報を発信

プロフィール
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。