• HOME
  • スイーツ情報
  • 2021年7月 , 全国・全店舗
  • 【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

1905年創業、職人が粉から生地を仕込み、焼き上げるスクラッチ製法に一貫してこだわった神戸生まれの老舗ベーカリー、株式会社ドンクが展開するベーカリーブランド「ジョアン」は、2021年7月7日(水)~7月27日(火)の21日間、期間限定フェア『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』を開催

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

今年の『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』では、フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子などをストーリーと共に紹介。今では日本に根付いている「カヌレ・ド・ボルドー」や「クイニーアマン」などの定番商品に加え、まだあまり知られていない地方菓子やパンまで、限定商品を6品販売いたします。
コロナ禍で海外に行けないながらも、フランスの食文化を日本に伝えてきた、フランス・パリ生まれのジョアンの商品を気軽にテイクアウトして、フランス気分を味わうことができます。
この機会に是非、ジョアンのパンとお菓子を通じてフランスを巡ってみませんか。

ジョアン『フランス フェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』 概要

期間:2021年7月7日(水)~7月27日(火)
店舗:ジョアン13店舗
※一部店舗では、取扱商品が異なります。
※価格は税込です。
※商品は店舗により取り扱いのない場合があります。

【定番商品】

<ボルドー地方>カヌレ・ド・ボルドー 238円

外側は黒くカリッとして、中はもっちりとした独特の食感が特徴のフランス南西部 ボルドー 地方の焼き菓子。 16 17世紀頃、この 地区 の修道女たちが修道院の中だけで食べていたお菓子で、日本でも 1996年頃から注目を あ びるよう になりました。ジョアンのカヌレは、カヌレ協会から「本物のカヌレを売る店」の称号もいただきました。

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

<ブルターニュ地方>クイニーアマン 292円

ブルターニュの言葉で「バターのお菓子」を意味する日本でも人気となった伝統菓子。漁業と酪農が盛んで良質のバターが生産され、良質な塩も採れ、フランスで唯一「バター =有塩バター」の地方。パン生地にバターと砂糖を重ねてフィユタージュのように重ね折りにした生地をゆっくり焼くことでキャラメリゼされた香ばしい表面にサクッとした食感、バターの風味が楽しめます。

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

【フェア限定商品】(6品)

<アルザス地方>パン・ア・ラ・ビエール 346円

フランス北東部ドイツの国境に近いアルザス地方発祥のパン。特徴的なひび割れた模様のトッピングは地元の黒ビールを使用し作ったのが始まりです。この地方でよく栽培されているライ麦を使用し、じゃがいもを練りこみ焼きあげます。チーズや肉類とあわせても美味しく楽しめます。

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

<アキテーヌ地方・ランド県>パスティス・ランデ 249円

フランスの南西部アキテーヌ地方ランドが発祥のパン。ラム酒とパスティス(アニスを主体としたリキュール)で香りつけしたブリオッシュです。中は明るい黄金色でしっとりと柔らかく、独特の香りが立つのが魅力です。

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

<ブルターニュ地方>ファーブルトン 281円

牛乳や砂糖、卵などで作った生地にプルーンを入れて焼き上げた「ブルターニュ地方のお粥」の意味を持つ素朴な味わいの伝統菓子。

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

<バスク地方>ガトーバスク 324円

フランスとスペインの両国にまたがるバスク地方の伝統菓子。バターの風味豊かな生地にカスター、アーモンドクリーム、ダークチェリを入れて焼き上げました。

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

<プロヴァンス=アルプ・コート・ダジュール地方>トロペジェンヌ 281円

ブリオッシュに口当たりのいいクリームをサンドした南フランスのサン・トロペが発祥のスペシャリテ。

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

フーガス(オリーブ&フロマージュ) 368円

平らな生地に切れ目を入れて木の葉のようなユニークな形に焼き上げた南フランス生まれのパン。オリーブを入れチーズをかけて焼きあげました。食感は軽く、噛むほどに深い味わいが口に広がります。

【ジョアン】『フランスフェア ~パンとお菓子で巡るフランス~』開催~フランス各地方で親しまれてきたパンやお菓子の限定商品を販売~2021年7月7日(水)~7月27日(火)

株式会社ドンク

1905年、神戸で創業。日本で本格的なフランスパンを神戸・三宮で販売を始めて50余年、フランスパンブームを起こすなど、創業当時から本場の製パン技術の習得やヨーロッパの食文化の紹介に力を入れ、日本のパン業界をリードし続けてきました。総店舗数が海外を含め約200店舗まで広く展開している今でも、粉から生地を仕込み、成形して焼き上げるまでの全工程を一貫して行う「スクラッチ製法」にこだわり、各店舗で職人がパンを焼き上げます。海外への職人派遣や海外からの講師を招いた技術研修も積極的に実施し、パンのワ ールドカップ“クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー”へは過去6回職人を輩出するなど、日本トップクラスの高い製パン技術を誇ります。
グループブランドはバラエティ豊かに展開し、お客様のニーズに広くお応えします。

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スイーツメディア

885,622 views

東京・大阪を中心に全国のスイーツ情報イベントやコラボカフェなどの情報を発信

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。