【石村萬盛堂】こんな時だからこそ「博多手一本」を皆で。博多を愛する想いがお菓子になった新商品『祝うてサンド』

【石村萬盛堂】こんな時だからこそ「博多手一本」を皆で。博多を愛する想いがお菓子になった新商品『祝うてサンド』

博多で創業し、115周年を迎えた石村萬盛堂は、令和3年7月30日に約2年半の月日を経て本店をリニューアルオープンする運びとなりました。

本店オープンに先駆け同月15日より、お菓子を通して博多から元気にという想いで、新商品『祝うてサンド』を発売開始いたします。
『祝うてサンド』は、博多のお祝いの席に欠かせない風習「博多手一本」から誕生したお菓子です。こんな時だからこそ、博多の風習「博多手一本」が博多から日本中へ威勢よく鳴り響き、人と人とをつないで広がってきますように、と願いを込めました。
お菓子の名前は「博多手一本」の掛け声「祝うてさんど」から取り、手一本を連想するかわいい手形のクッキーに、ほろ苦いキャラメルクリームとキャラメリゼしたくるみをサンドしました。博多手一本の小気味よい“シャンシャン”が響くようなお菓子です。

7月15日、博多祇園山笠 追い山の日に発売開始。

博多の行事の“締め”といえば、博多手一本。この風習は、博多祇園山笠から始まりました。締めた後は、「これでおしまい。あとくされなし!」残り酒に口をつけたり、話を蒸し返すのはご法度です。
7月15日は、博多祇園山笠のフィナーレ「追い山」の日で、祭りの最後には博多手一本が街中に鳴り響く日でもあります。石村萬盛堂本店は、山笠の廻り止の横に位置しており、追い山のタイム計測所として長らく店舗をご利用いただいておりました。山笠のない静かな博多の夏、こんな時だからこそ、皆様の心を明るく元気にするお菓子をお届けしたく、この日に『祝うてサンド』を発売開始いたします。

【石村萬盛堂】こんな時だからこそ「博多手一本」を皆で。博多を愛する想いがお菓子になった新商品『祝うてサンド』

博多っ子のようなさっぱりさ、後味のよいお菓子を目指した。

『祝うてサンド』は、サクサク香ばしい濃厚なキャラメルサンドです。最大の特徴は、食べた後の「後味のよさ」。キャラメル香料に一切頼らず、キャラメルが焦げすぎないよう、職人が丁寧に火加減を調節しています。これがキャラメル本来の甘さとほろ苦さを感じるオリジナルの味となり、甘ったるさが残らないのです。キャラメリゼしたくるみのカリカリとした食感と、2層のキャラメルクリームを、九州産バターを贅沢に使ったかわいい手形のクッキーでサンドしました。濃厚なキャラメルクリームとクッキーのサクサク感が絡み合うお菓子です。

【石村萬盛堂】こんな時だからこそ「博多手一本」を皆で。博多を愛する想いがお菓子になった新商品『祝うてサンド』

【石村萬盛堂】こんな時だからこそ「博多手一本」を皆で。博多を愛する想いがお菓子になった新商品『祝うてサンド』

【石村萬盛堂】こんな時だからこそ「博多手一本」を皆で。博多を愛する想いがお菓子になった新商品『祝うてサンド』

縁起のいい風習を伝えたい、「博多なら手をたたこう」。

山笠の席だけではなく、宴会や結婚式でも欠かせない博多手一本。お菓子が入る箱には、博多手一本の作法を掲載したしおりを同梱しています。
「博多なら手をたたこう」を合言葉に、こんな時だからこそ、皆で手を打ち、博多から日本中に縁起のいい『祝うてサンド』の音が鳴り響く日を心待ちにしております。

【石村萬盛堂】こんな時だからこそ「博多手一本」を皆で。博多を愛する想いがお菓子になった新商品『祝うてサンド』

祝うてサンド

販売価格/
 2個入 540円
 4個入 1,080円
 6個入 1,620円
 8個入 2,160円 ※全て税込価格
販売開始日/2021年7月15日(木)
販売場所/
 石村萬盛堂本店(7月30日リニューアルオープン)
 博多土居通り店(7月21日まで)、博多駅マイング店、福岡空港店、お菓子のいしむらの一部店舗
 その他駅・空港の一部販売店
公式オンラインストア/https://www.ishimura.co.jp/shop/

【石村萬盛堂】こんな時だからこそ「博多手一本」を皆で。博多を愛する想いがお菓子になった新商品『祝うてサンド』

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スイーツメディア

885,618 views

東京・大阪を中心に全国のスイーツ情報イベントやコラボカフェなどの情報を発信

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。