• HOME
  • スイーツ情報
  • 2021年11月 , オープン情報 , 東京
  • 【RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)】築70年の古民家をリノベ 別世界空間で味わうイノベーティブフレンチ ジョエル・ロブションの経験と日韓ダブルのセンスが光る木本陽子シェフによる看板のない店が11月29日(月)東京・表参道にグランドオープン

【RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)】築70年の古民家をリノベ 別世界空間で味わうイノベーティブフレンチ ジョエル・ロブションの経験と日韓ダブルのセンスが光る木本陽子シェフによる看板のない店が11月29日(月)東京・表参道にグランドオープン

【RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)】築70年の古民家をリノベ 別世界空間で味わうイノベーティブフレンチ ジョエル・ロブションの経験と日韓ダブルのセンスが光る木本陽子シェフによる看板のない店が11月29日(月)東京・表参道にグランドオープン

11月29日(月)表参道の路地裏にある古民家をフルリノベーションし、イノベーティブフレンチのおまかせコースのみを提供する『RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)』をグランドオープン

【RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)】築70年の古民家をリノベ 別世界空間で味わうイノベーティブフレンチ ジョエル・ロブションの経験と日韓ダブルのセンスが光る木本陽子シェフによる看板のない店が11月29日(月)東京・表参道にグランドオープン

【RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)】築70年の古民家をリノベ 別世界空間で味わうイノベーティブフレンチ ジョエル・ロブションの経験と日韓ダブルのセンスが光る木本陽子シェフによる看板のない店が11月29日(月)東京・表参道にグランドオープン

今秋、表参道の裏路地に星付きレストラン出身の新進気鋭の女性シェフ、木本陽子が作るイノベーティブフレンチレストランが誕生。店名の「 HEYENE 」はフランス語で「ハイエナ」を意味し、あらゆる食材を美味しく食べつくすという意味が込められています。9月のシークレットオープンから2カ月を経てより多くのお客様をお迎えするため、11月29日(月)、グランドオープンします。
店舗は、表参道の華やかな大通りから路地に入った、築70年を超える一戸建ての古民家。昭和の趣のある外観はそのまま残し、あえて看板を掲げず、「RESTAURANT HYENE 前」と書かれたバス停オブジェが目印です。建物の中に足を踏み入れると、そのギャップに驚く洗練された空間にフルリノベーションを施しました。飲食店デザインを多く手がける株式会社モノグラフの市村隆剛氏による、古き良き文化を継承し未来への新たな価値とする店舗デザインは、エグゼクティブ・シェフ 木本陽子がこだわる「食材×器×空間の調和」にもつながります。印象的な1階ビッグカウンターは、目の前で調理する様子も楽しんでいただきながら、お客様と心を通わせるおもてなしをしたいというシェフの思いが込められています。
木本シェフが織りなすフレンチは、日本の文化 を慈しみ楽しんでいただくことをコンセプトに、シェフ自ら生産者を訪ねて厳選した日本の食材とお酒を12品のおまかせコースに昇華し、シェフが歩いて求めた佐賀県の有田焼の器で提供します。「旬」にこだわり、ご来店いただいたその日その時の「旬」の食材を召し上がっていただきたいため、日によってメニューは変わります。合わせるお酒は、ワインを中心に日本酒なども各種ご用意しています。
『RESTAURANT HYENE』は、日本文化とフレンチ技法を融合したイノベーティブスタイルをベースに韓国などアジアの引き出しも持つ木本シェフの独自の世界観で、お客様にドラマティックなひとときを提供してまいります。

店舗概要

店名: RESTAURANT HYENE
住所: 東京都渋谷区神宮前5-13-14
電話: 03-6450-5760
開店時間: 18:00~23:30(完全予約制)
定休日: 日曜日・月曜日
店舗規模: 14席(カウンター8席、個室6名)/14坪
URL: https://hyene.hviewgroup.com/
WEB予約: https://yoyaku.toreta.in/hyene/#/

【RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)】築70年の古民家をリノベ 別世界空間で味わうイノベーティブフレンチ ジョエル・ロブションの経験と日韓ダブルのセンスが光る木本陽子シェフによる看板のない店が11月29日(月)東京・表参道にグランドオープン

おまかせコース(例)

厳選した旬の食材を使った12品のフルコース 22,000 円/名

アミューズ:〈出汁〉季節のポタージュ

プルミエ:
 〈油揚げ〉食感を楽しむモッツァレラチーズの巾着大葉ジェノベーゼ
 〈昆布締め〉鮮魚のタルタル 辛子蓮根風

ドゥージエム:
 〈わさび〉タコとわさびのマリネ タコワサ
 〈茶碗蒸し〉銀杏しか入ってない茶碗蒸し

ポワソン:
 〈うなぎ〉うなぎのマトロット 山椒の香り
 〈梅〉アイナメとおかか梅
 〈柿〉カキと柿 美味かもしれない、、

ビアント:
 〈ネギ〉鴨ネギにしてみました!ネギづくし、ソースネギ、付け合せネギ、もはやネギ!!
 〈八丁味噌〉飲める牛タン 赤ワインソースと八丁味噌
 〈せんべい〉鹿のロースト・せんべいと醤油

デセール:
 〈みかん〉濃すぎるチョコレートケーキにみかんが出会った
 〈ほうじ茶〉サクサクキャラメルとほうじ茶アイス

その他、コース料理に合わせた日本酒とお茶のペアリングもご用意しています。

日本酒をベースにしたペアリングコース(9グラス) 8,000 円/名

お茶をベースにしたノンアルコールペアリングコース(6グラス) 6,000 円/名

【RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)】築70年の古民家をリノベ 別世界空間で味わうイノベーティブフレンチ ジョエル・ロブションの経験と日韓ダブルのセンスが光る木本陽子シェフによる看板のない店が11月29日(月)東京・表参道にグランドオープン

店舗デザイン

【RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)】築70年の古民家をリノベ 別世界空間で味わうイノベーティブフレンチ ジョエル・ロブションの経験と日韓ダブルのセンスが光る木本陽子シェフによる看板のない店が11月29日(月)東京・表参道にグランドオープン

【RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)】築70年の古民家をリノベ 別世界空間で味わうイノベーティブフレンチ ジョエル・ロブションの経験と日韓ダブルのセンスが光る木本陽子シェフによる看板のない店が11月29日(月)東京・表参道にグランドオープン

シェフプロフィール

【RESTAURANT HYENE(レストラン イェン)】築70年の古民家をリノベ 別世界空間で味わうイノベーティブフレンチ ジョエル・ロブションの経験と日韓ダブルのセンスが光る木本陽子シェフによる看板のない店が11月29日(月)東京・表参道にグランドオープン

RESTAURANT HYENE エグゼクティブシェフ
木本 陽子 (キモト ヨウコ)

1991年、日本人の父と韓国人の母のもと、東京に生まれる。
三鷹のフレンチ「エサンス」の内藤史朗シェフの薫陶を受け、料理人人生をスタートする。辻調理専門学校を卒業後、世界一ミシュランの星を持つと言われる「ジョエル・ロブション」の直営店、六本木「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」に 5 年間勤務。その後、自らのルーツでもある韓国へ料理留学し、ソウルの韓国宮廷料理の名店「ハンミリ」にて視野を広げる。日本に帰国後、生産者の課題や環境問題などにふれ、日本の食文化をリスペクトしながらヨーロッパやアジアを見つめた独自の世界観によるフレンチの提供を決意。レストラン「イェン」のエグゼクティブシェフに就任。

H VIEW 株式会社 について

お客様、従業員をはじめ関わる全ての人たちに幸せの景観を作り、見せることを意味する「 HAPPY VIEW 」を経営理念に掲げ、2017年2月オープンの1号店を創業。飲食店の運営、ケータリング事業、イベント出店・運営・企画、人材採用・集客コンサル事業など 外食業界に関わる様々な事業を手がけている。現在、「Mr.Happy 神保町」、「肉バル&魚バル カツオ立川」、「ほいさっさ 蒲田」、「BEER BOMB 新宿西口」、「居酒屋アバンギャルド 立川」、「レストランイェン」の6店舗を展開中。(2021年11月29日現在)。

会社概要

社名: H VIEW 株式会社
本社所在地:東京都千代田区神田神保町1-4-4 コンフォートKビル1F
代表: 代表取締役 中田 匠
設立: 2018年11月1日
事業内容: 飲食店運営、飲食店プロデュース
URL: https://hview.co.jp

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スイーツメディア

1,042,453 views

東京・大阪を中心に全国のスイーツ情報イベントやコラボカフェなどの情報を発信

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。