【ホテルショコラ】英国のカカオブランドから『スーパーミルクチョコレートアイスクリーム』日本先行新発売!

【ホテルショコラ】英国のカカオブランドから『スーパーミルクチョコレートアイスクリーム』日本先行新発売!

本物のカカオ65%スーパーミルクチョコレートを贅沢につかった『スーパーミルクチョコレートアイスクリーム』を6月19日(金)より、日本先行で販売を開始

【ホテルショコラ】英国のカカオブランドから『スーパーミルクチョコレートアイスクリーム』日本先行新発売!

商品概要

商品名:『スーパーミルクチョコレートアイスクリーム』Supermilk Chocolate Ice Cream
価格:カップ、コーン 各500円(税込)
発売日:2020年6月19日(金)
※下記のホテルショコラ直営店にて販売。
表参道店、越谷レイクタウン店、成田店、 ららぽーとTOKYO-BAY店、りんくう泉南店、新浦安店(6月19日オープン)

ホテルショコラでは、48時間カカオを抽出したアイスクリーム『アイスクリームオブザゴッド』を4年前に発売、現在イギリス国内をはじめアメリカ、日本、デンマークでも販売し、大好評をいただいております。『スーパーミルクチョコレートアイスクリーム』は、「ホテルショコラのチョコレートアイスクリームが食べたい」という多くのお客様からのリクエストを頂いて開発されたもので、『アイスクリームオブザゴッド』に、カカオ65%スーパーミルクチョコレートを贅沢に使い、カカオの風味をしっかりと味わえるアイスクリームです。

スーパーミルクチョコレートアイスクリームの特長

1.本物のカカオ65%スーパーミルクチョコレートを使用。
チョコレートアイスクリームの開発においては、ミルクチョコレートとダークチョコレートの両方の味を楽しめるようにすることが大きな課題でした。ホテルショコラの技術を結集したカカオ65%スーパーミルクチョコレートをそのまま使用することで、完璧なバランスのチョコレートアイスクリームが完成しました。

2.砂糖の使用を極力抑えました。
多くのアイスクリームは、砂糖をかなり使用していますが、砂糖は素材の味を鈍らせます。チョコレートと同様に、「More Cacao, Less Sweet」で甘さを控え、カカオの本来の味をお楽しみいただけます。

【ホテルショコラ】英国のカカオブランドから『スーパーミルクチョコレートアイスクリーム』日本先行新発売!

※『アイスクリームオブザゴッド』について
『アイスクリームオブザゴッド』は、世界のホテルショコラで愛されているカカオアイスクリームです。“神様のアイスクリーム”という名は、カカオが植物学的に「神様の食べ物」と言われることに由来します。2018年にはイギリスのFoodservice Equipment Journal (EFJ)の名誉あるメニュー開発賞を受賞しております。ホテルショコラCEOで共同創業者のアンガス サールウェルは、「誰も食べたことのない、唯一無二のアイスクリーム」の開発に取り組むことを決め、クオリティの高いジャージー牛乳とクリームに、ガーナ産カカオ豆の砕いてローストしたニブを加えました。カカオニブの風味は、48時間かけて抽出され、その間にクリームはほのかなトープ色になり、カカオの香りと美しくとろける味わいを醸し出した、最高級のアイスクリームが誕生しました。

ホテルショコラ (Hotel Chocolat)について

ホテルショコラは、1993年にイギリスでチョコレートのオンラインショップとしてスタート。2004年にロンドンで1号店をオープンし、現在はイギリス全土に120以上の店舗と、チョコレートスクールを展開しているカカオブランドです。また、カリブ海にある素晴らしい自然に囲まれたセントルシア島では、1745年から続くカカオ農園RABOT ESTATE(ラボ エステート)を所有し、世界中のセレブが訪れるホテルとレストランの経営もしています。上質なカカオの持つ魅力を今までにない新しいカタチでご提案するため、様々なタイプのチョコレートを中心に、ショコラドリンク各種、カカオを使ったアルコール飲料、カカオを使ったビューティアイテムなどのユニークな商品をご用意しています。日本国内では、2018年11月に1号店をオープン。2019年11月1日には東京・表参道に初の路面店をオープンしました。現在、日本国内で5店舗とオンラインショッピングを展開しています。
https://hotelchocolat.co.jp/

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スイーツメディア

1,379,244 views

東京・大阪を中心に全国のスイーツ情報イベントやコラボカフェなどの情報を発信

プロフィール
スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。