【ヒルトン東京】大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界の中、季節のフルーツやパステルカラーを用いた約30種類を楽しめるブッフェ 新デザートフェア「ジャポニズム~花よりマカロン」を開催

【ヒルトン東京】大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界の中、季節のフルーツやパステルカラーを用いた約30種類を楽しめるブッフェ 新デザートフェア「ジャポニズム~花よりマカロン」を開催
スポンサーリンク

「マーブルラウンジ」新デザートフェアは、レトロ可愛い‘とてたま’の世界

ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」では、6月1日(金)より9月30日(日)までの期間、『ジャポニズム~花よりマカロン』と題し、大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界の中、季節のフルーツやパステルカラーを用いた姫スイーツやマカロンなど約30種類をお楽しみいただける新デザートフェアを開催します。エグゼクティブ・ペストリーシェフ 播田 修による愛らしいデザートと共に、大正時代の女学生の流行語、「とてたま」(とてもたまらない)の世界に浸るひと時をお過ごしいただけます。料金はお一人様平日¥3,900(土・日・祝日¥4,050)、毎日午後2時半より5時半まで開催します。
【協力:豆千代モダン、山政小山園、秀衡塗工房丸三漆器】

【ヒルトン東京】大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界の中、季節のフルーツやパステルカラーを用いた約30種類を楽しめるブッフェ 新デザートフェア「ジャポニズム~花よりマカロン」を開催

全208席の「マーブルラウンジ」では、ストーリー性のあるデザートフェアを2015年から展開しています。

「アリスからの招待状」、「マリーアントワネットの結婚」、「ストロベリーサイケデリック60s」など、デザートとデコレーションで世界観を作り込む演出により、その様子はソーシャルメディアを通して拡散。2015年は年間74,000人、2016年は78,000人、そして2017年は95,000人が来店し、SNS意識の高い女性達から支持を受けています。
そんな「マーブルラウンジ」がこの夏お贈りするのが、洋と和が可愛らしく調和する空間で、暑い夏でもさっぱりとお楽しみいただける旬のフルーツを用いたケーキや、涼しげなグラススイーツ、パステルカラーのマカロンなど約30種類の姫スイーツです。
ピンクのバラや牡丹、愛らしい手毬が飾られる門を通りすぎると、そこはキラキラ「とてたま」の世界。大正時代のお嬢様のお部屋を思わせる一角は、シャンデリアやマトリョーシカ、レトロ可愛い香水の瓶と共にモダン着物のカリスマ、豆千代の着物が繊細なレースと共にボックスに詰められたクローゼットが登場。更に丸窓障子と竹が飾られる一角には幻想的なプロジェクションマッピングで花びらや蝶が舞う演出もあり、ホテルのラウンジで過ごす涼しげな日本の夏も存分にお感じいただけます。
しっとりとした歯触りのマカロンの上に、カシス、ラズベリーと蘭のアロマを効かせた半円型ムースを乗せた新作『とてたまマカロン』、ほのかな桜の香りとグレープフルーツの爽やかな酸味、タルトのサクサク感をお楽しみいただける『さくらふわりピンクグレープフルーツのタルト』、塩味を効かせたココナッツケーキに、まるでウサギのしっぽのようにクリームをあしらった『ラパン・ブラン ソルティーココナッツ&アプリコット』ほか、優しい甘さの白桃のムースに、酸味の強いペッシュ・ド・ヴィーニュ(赤桃)と紫蘇のマリネを忍ばせ、マカロンをトッピングする『ペッシュ・ミニヨン』、色鮮やかなフランボワーズのグラサージュとサイドの格子模様のチョコレートがユニークな『晴れ着ルージュ』などのスイーツをお楽しみいただけます。
涼しげなグラススイーツは、『マスカットとレモンバーベナのジュレ』や、万華鏡をイメージした『シャンパンゼリー』、軽い仕上がりの『ベリーとヴァニラのパルフェ』、『パイナップルと白ゴマのパンナコッタ』などがブッフェ台に並ぶ他、昨年に続き『チョコミントのチョコレートファウンテン』や『ミントとライムのフロマージュブラン』なども登場。アクションステーションでは今話題の“スイーツXスイーツ”をお楽しみいただけますよう、『コールド・マーブル・アイスクリーム』に加え『マカロン・ステーション』も新設され、お好みパフェをカスタマイズしてお楽しみいただけます。
シェフ播田のおすすめ、『艶抹茶の極みフロマージュフォンダン』は、京都の老舗 山政小山園の抹茶「小倉山」を贅沢に使用。由緒ある宇治の畑で今年収穫された新抹茶をどこよりも早く入手して作るデザートは、お口に含んだ瞬間清々しい新茶の香りが広がる逸品です。デザートブッフェではスイーツの他にもサンドイッチやキッシュなどの軽食も日替わりで登場しますのでティータイムとして、または遅めのランチとしても最適です。

<<特典>>

  • 着物、又は浴衣でご来店いただくと、グラスロゼスパークリングワインをプレゼント
  • お誕生会としてご利用いただくと、全員にグラスロゼスパークリングワインをプレゼント

【ヒルトン東京】大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界の中、季節のフルーツやパステルカラーを用いた約30種類を楽しめるブッフェ 新デザートフェア「ジャポニズム~花よりマカロン」を開催

【ヒルトン東京】大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界の中、季節のフルーツやパステルカラーを用いた約30種類を楽しめるブッフェ 新デザートフェア「ジャポニズム~花よりマカロン」を開催

<「ジャポニズム~花よりマカロン」デザートフェア 概要>

会場:「マーブルラウンジ」 (ヒルトン東京1F)
期間:2018年6月1日(金)~9月30(日)
営業時間:2:30pm – 5:30pm
料金:お1人様¥3,900(お子様¥2,500) 土・日・祝日¥4,050(お子様¥2,600)
 コーヒーまたは紅茶(アイス・ホット)付き   消費税、サービス料別途
ご予約:ウェブサイト https://www.hiltontokyo.jp/

【エグゼクティブペストリーシェフ 播田 修(はりた おさむ)】
1979年生まれ。東京製菓学校を卒業後、2005年に渡仏。MOF(フランス国家最高職人賞)シェフ、エリ・カゾウシュスに従事後、06年からはパリの5ツ星ホテル「ル・ムーリス」でミシュラン3ツ星シェフ、ヤニック・アレノ氏のもと様々なデザート部門に携わった後、アシェット・デセールを担当しました。また、同期間にフランスで最も権威のある製菓コンクールの1つである「ルレ デセール シャルル プルースト杯」にて06年入賞、09年には「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」の国内予選ショコラ部門で入賞を果たしました。帰国後は、徳島県にある実家のペストリーショップ「ナッツベリーファーム」にてシェフ・パティシエを務め、2017年1月よりヒルトン東京のエグゼクティブペストリーシェフに就任しました。

<ジャポニズム~花よりマカロン スイーツ例>

■フルーツたっぷり&ホールケーキ
・ピンクグレープフルーツのタルト『桜ふわりピンクグレープフルーツのタルト』
・マンゴー、オレンジ、パッション、ジンジャーのタルト『異国さん風タルト』
・アメリカンチェリーとダークチョコレートのケーキ『さくらんぼうのケーキ』
・桃のムースケーキ『ペッシュ・ミニヨン』 他

【ヒルトン東京】大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界の中、季節のフルーツやパステルカラーを用いた約30種類を楽しめるブッフェ 新デザートフェア「ジャポニズム~花よりマカロン」を開催

■スモールポーション
・ソルティーココナッツ&アプリコットのケーキ『ラパン・ブラン』
・『かんざし風シュークリーム』
・『マカロン』
・カヌレにヨーグルト風味のクリームをトッピング『妹のベレー帽』 他

【ヒルトン東京】大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界の中、季節のフルーツやパステルカラーを用いた約30種類を楽しめるブッフェ 新デザートフェア「ジャポニズム~花よりマカロン」を開催

■夏もさっぱりグラスゼリー
・『シャンパンゼリー万華鏡風』
・『マスカットとレモンバーベナのジュレ』
・『ベリーとヴァニラのパルフェ』
・『パイナップルと白ゴマのパンナコッタ』 他



【ヒルトン東京】大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界の中、季節のフルーツやパステルカラーを用いた約30種類を楽しめるブッフェ 新デザートフェア「ジャポニズム~花よりマカロン」を開催

■インスタ映え抜群
・まるで振袖!『晴れ着ルージュ』
 ホワイトチョコレートとフランボワーズのムースケーキに、格子柄のチョコレートと真っ赤なフランボワーズジュレ。フルーツやエディブルフラワーをトッピング
・ころんとしたフォルムが愛らしい、カシス・ラズベリーのムースをマカロンの上に乗せた『とてたまマカロン』
・今にも蝶が舞い降りそう!エディブル―フラワーと抹茶を散らしたショートケーキ『てふてふショート』

【ヒルトン東京】大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界の中、季節のフルーツやパステルカラーを用いた約30種類を楽しめるブッフェ 新デザートフェア「ジャポニズム~花よりマカロン」を開催

■チョコミン党&ミント好きに贈る
・『チョコミントのチョコレートファウンテン』
・ミントとライムのフロマージュブラン『ママの帯留め』

■これは外せない
・山政小山園「小倉山」の今年の新抹茶を使用した『艶抹茶の極みフロマージュフォンダン』

■話題の“スイーツxスイーツ”
・マカロン・ステーション
・コールド・マーブル・アイスクリーム

【ヒルトン東京について】

ヒルトン東京は、世界展開を続けるホテルチェーン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1963年6月20日に永田町にオープン。東京オリンピックの前年、日本で初めての外資系ホテルとして誕生しました。1984年9月1日に現在の新宿副都心に移転、新宿副都心の一角、都庁にほど近く、隣に新宿中央公園という恵まれた環境にあり、充実した施設と、“ヒルトンスタンダード”といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。8階より38階までが客室となり、スイートを含む全821室の客室は、国際的ながらも日本の情緒をインテリアに取り入れ、全室有線/無線インターネットアクセスが完備されています。また、館内には、日本料理「十二颯」、中国料理「王朝」、「メトロポリタングリル」、バー&ラウンジZATTAを擁するダイニングフロアTSUNOHAZU、「マーブルラウンジ」、英国風「セント・ジョージ バー」を含む6つのレストラン&バーを備えています。その他、正餐600名、立食900名まで収容可能な大宴会場と小中宴会・会議室計20室、ウェディング・チャペル、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコートなどを完備したフィットネスセンター、並びに地下駐車場など、多目的ホテルとして十分な機能を備えています。ヒルトン東京に関する詳細はhiltontokyo.jp をご覧ください。

【ヒルトンについて】

ヒルトンは、世界105ヵ国に5,200軒以上(約856,000室)のホテルとタイムシェア・プロパティを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、いつでも全てのホテルの全てのお客様に対して特別な体験を提供しており、現在、14のグローバル・ブランド・ポートフォリオ(ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、キャノピーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトン、ダブルツリーbyヒルトン、タペストリー・コレクションbyヒルトン、エンバシー・スイーツbyヒルトン、ヒルトン・ガーデン・イン、ハンプトンbyヒルトン、トゥルーbyヒルトン、ホームウッド・スイーツbyヒルトン、ホーム2 スイーツbyヒルトンおよびヒルトン・グランド・バケーションズ)を展開しています。(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトンの3ブランド・14軒のホテルを展開)また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」を運営しており、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、支払いの一部にポイントを使えたり、会員限定割引、Wi-Fi無料などをご利用いただけます。最新の情報はこちらをご覧ください。

http://newsroom.hilton.com,https://www.facebook.com/hiltonnewsroom,https://twitter.com/hiltonnewsroom, https://www.linkedin.com/company/hilton,https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/, https://www.youtube.com/hiltonnewsroom

【豆千代モダンについて】

豆千代モダンはブランド立ち上げから今年で15周年を迎えます。「着物がふたたび日常着となる場所」をコンセプトに、現代の風景にぴったりくるモダン着物を発信し続けています。モダンで都会的な着物から、大正ロマン風、おもしろ柄、洋服ブランドとのコラボ等、普段着はもちろん、成人式、卒業式、七五三、訪問着等のフォーマルアイテムまで、幅広く取り扱っています。オーナーの豆千代は、オランダを拠点とした着物アーティストとして、ゴッホ美術館とのコラボ、TVや演劇のスタイリングなど、国内外の幅広い分野で活躍しています。http://www.mamechiyo.jp/

【山政小山園について】

江戸初期、宇治の地で茶の栽培と製造を始め、累代その伝統技術を受け継いできたのが、山政小山園のルーツです。古くから茶本来の賞味品質を優先、「美味さ、ありき。」を信条に、自園での茶の栽培から抹茶の製造まで一貫した茶づくりに努めています。現在では全国1000を超える茶小売店・茶道具店が販売特約店となり、各流派に茶銘を賜る茶道界を中心に、上級抹茶として長く信頼されるブランドです。http://www.yamamasa-koyamaen.co.jp

【秀衡塗工房 有限会社丸三漆器について】

明治37年、初代,青柳清之助、現在は胆沢ダムに沈んでしまった増澤にて漆技術を習得し、生まれ里の摺沢で「丸三漆器工場」を創業しました。 その後、二代目精一、三代目真三郎、現在四代目一郎と受け継ぎ、昭和54年、「有限会社 丸三漆器」と会社組織に致しました。 丸三漆器は初代より言い伝えられてる「いい物を造れ」という言葉をかたくなに守り、現在も職人の手造りによる丈夫で美しい本物の漆器を造りつづけております。http://hidehiranuri.jp/

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る