【ヒルトン小田原リゾート&スパ】抹茶とチョコレートで織りなすかぐや姫の世界デザートブッフェ~月夜に思ふ姫君~

スポンサーリンク

ヒルトン小田原リゾート&スパは、抹茶とチョコレートを使ったスイーツでかぐや姫の世界をイメージしたデザートブッフェ~月夜に思ふ姫君~を9月1日(土)より11月25日(日)まで開催

【ヒルトン小田原リゾート&スパ】抹茶とチョコレートで織りなすかぐや姫の世界デザートブッフェ~月夜に思ふ姫君~

竹から生まれた小さな女の子が美しい姫君になり、満月の夜に月へと帰って行く「かぐや姫」のストーリーと、豊かな竹林と自然に囲まれた敷地と、そして小田原という歴史あるこの土地にインスパイアされたスイーツの数々をご用意いたします。満月のように光り輝く黄色のグラッサージュに包まれた「チョコバナナケーキ」や、美しいかぐや姫がまとっていた十二単を思わせる色鮮やかな「ホワイトチョコレートラズベリーケーキ」、月からのお迎えがくるまでかぐや姫が帝と交わしていた恋文をイメージした「抹茶とサツマイモのロールケーキ」、満天の星空をイメージした「チョコミントカップケーキ」、竹から出てくる財宝のようにキラキラ光る「琥珀糖」などが登場します。
また、秋スイーツの代表とも言えるモンブランは「チョコレートと洋梨のモンブラン」と「抹茶と栗のモンブラン」の2つの味をお楽しみいただけるほか、オレンジピールが爽やかな香りの「濃厚チョコレートミニタルト」、マスカルポーネと相性抜群の「抹茶ティラミス」、ほろ苦抹茶とアプリコットの酸味が絶妙の「抹茶ブリュレ」、「抹茶チョコレートファウンテン」、ペストリーシェフおすすめの一品「しっとりチョコレートブラウニー」などもお好きなだけお楽しみいただけます。
デザートに加え、パスタやサンドイッチ、サラダ、スパニッシュオムレツ、秋の果実デニッシュなどスイーツの合間の箸休めとなるアイテムもご用意しているので、週末の遅めのランチとしてもおすすめです。作者不明、現存する最古の物語とされ、今もなお語り継がれる魅力的でロマンある竹取物語。このデザートブッフェをお召し上がりいただきながら雅なファンタジーの世界へと浸る、そんな秋の午後のひとときをお過ごしください。

チョコバナナケーキ

満月のように光り輝く甘いバナナクリームとチョコレートの苦みがベストマッチ
【ヒルトン小田原リゾート&スパ】抹茶とチョコレートで織りなすかぐや姫の世界デザートブッフェ~月夜に思ふ姫君~

抹茶とサツマイモのロールケーキ

恋文のようにほろ苦くもありさわやかな抹茶を味わう

【ヒルトン小田原リゾート&スパ】抹茶とチョコレートで織りなすかぐや姫の世界デザートブッフェ~月夜に思ふ姫君~

ホワイトチョコレートラズベリーケーキ

十二単のように鮮やか!ホワイトチョコ好きにはたまらない

【ヒルトン小田原リゾート&スパ】抹茶とチョコレートで織りなすかぐや姫の世界デザートブッフェ~月夜に思ふ姫君~



琥珀糖

竹から出てくる財宝のような「琥珀糖」はまさに食べる宝石意外なほどすっきりな甘さ

【ヒルトン小田原リゾート&スパ】抹茶とチョコレートで織りなすかぐや姫の世界デザートブッフェ~月夜に思ふ姫君~

濃厚チョコレートミニタルト

まさに黄金コンビ絶妙なバランスのチョコとオレンジ

【ヒルトン小田原リゾート&スパ】抹茶とチョコレートで織りなすかぐや姫の世界デザートブッフェ~月夜に思ふ姫君~

チョコミントカップケーキ

満天の星空のよう・・・チョコミントが苦手な方でもOK

【ヒルトン小田原リゾート&スパ】抹茶とチョコレートで織りなすかぐや姫の世界デザートブッフェ~月夜に思ふ姫君~

抹茶&チョコレートデザートブッフェ~月夜に思ふ姫君~ 概要

会場: 本館棟1階 「ザ・ロビーラウンジ」
期間: 9月1日(土)~11月25日(日)
 ※土・日曜・祝日開催
時間: 14:30~15:50、16:00~17:20 (二部制)
 ※ご予約がない場合、お席のご用意までお待ちいただくことがございます。可能な限り、ご予約されることをお勧めしております。
料金: お一人様2,950円 / お子様(小学生まで)1,400円 / 未就学児無料
 ※ドリンクバー付き、消費税・サービス料(13%)別途
 ※80分制
ご予約: TEL: 0465-28-1220(レストラン予約)

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る