【アンリ・ルルー】フランス ブルターニュ発 ショコラティエ・エ・キャラメリエ 日本の美しい春を思い作られたキャラメル「サクラ」3月1日(木)発売

【アンリ・ルルー】フランス ブルターニュ発 ショコラティエ・エ・キャラメリエ 日本の美しい春を思い作られたキャラメル「サクラ」3月1日(木)発売
スポンサーリンク

世界で唯一のショコラティエ・エ・キャラメリエ「アンリ・ルルー」は、2018年3月1日(木)より、伊勢丹新宿店、高島屋玉川店にて、キャラメル「サクラ」を発売します。

さくらもちをイメージした、桜の花の風味が春を感じさせてくれるキャラメル「サクラ」が、日本限定で今年も登場。日本の桜を使用したやさしい味わいに、塩味がアクセントになっています。スペシャリテの「C.B.S.」(塩バターキャラメル)と、黒ごまの香ばしさと加塩バターの旨みが絶妙な味わいの「セザム・ノワール」、抹茶の苦味と高知県産天然ユズの爽やかな香りが楽しめる「ユズマッチャ」の“日本”を感じるキャラメルを詰め合わせました。春は出会いと別れの季節。「ありがとう」「これからもよろしく」「おめでとう」「がんばれ」の気持ちを伝えるギフトとしておすすめです。

【アンリ・ルルー】フランス ブルターニュ発 ショコラティエ・エ・キャラメリエ 日本の美しい春を思い作られたキャラメル「サクラ」3月1日(木)発売

サクラ

内容:サクラ 5個
本体価格:825円(税込価格:891円)

キャラメル・セゾン<サクラ>

内容:サクラ 2個、セザム・ノワール 2個、ユズマッチャ 1個
本体価格:825円(税込価格:891円)

アソルティモン・ドゥ・キャラメル<サクラ>

内容:サクラ 4個、C.B.S. 4個、セザム・ノワール 2個、ユズマッチャ 2個
本体価格:2,350円(税込価格:2,538円)

販売期間:2018年3月1日(木)~4月10日(火) 予定
販売店舗:伊勢丹新宿店、高島屋玉川店

(スポンサーサイト)
<2代目シェフ ショコラティエ・エ・キャラメリエ ジュリアン・グジアンのコメント>

『桜は日本では春を象徴する花で、春は美しい日々のはじまりです。桜の季節が日本では大切であるということを知っていました。ブルターニュ地方の自宅の庭にも桜の木があり、春になると花を咲かせます。そういった事もあり桜のキャラメルを作りたくなりました。
終わりというのは新たな出発の始まりでそれは美しい日々の始まり。だから前向きに進んでいかなくてはいけないと思います。キャラメルを味わいながら過去のことを振り返らずに、新しい方向に向かって歩いていってほしいです。』

【アンリ・ルルー】フランス ブルターニュ発 ショコラティエ・エ・キャラメリエ 日本の美しい春を思い作られたキャラメル「サクラ」3月1日(木)発売

世界で唯一のショコラティエ・エ・キャラメリエ「アンリ・ルルー」とは
フランス・ブルターニュ地方のキブロンに1977年創業。創始者アンリ・ルルー氏は当時ショコラの先進国だったスイスの製法をフランスに伝えた先駆者的ショコラティエであり、世界で唯一のショコラティエ・エ・キャラメリエ(チョコレート職人・キャラメル職人)。
彼のレシピや技術、お菓子に対する想いのすべては、2代目シェフ ジュリアン・グジアンをはじめすべての職人たちに継承され、2010年より「アンリ・ルルー」はメゾンとして次の時代を刻み始めています。

・公式ホームページ:http://www.henri-leroux.com/
・オンラインショップ:http://www.yokumoku.jp/henri-leroux/
・公式Facebook:https://www.facebook.com/HenriLeRouxJapon/
・公式Instagram:https://www.instagram.com/henri_le_roux_jp/

《店舗情報》

■伊勢丹新宿店
 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 本館地下1階=カフェ エ シュクレ
 03-3352-1111(大代表)
■高島屋玉川店
 〒158-8701 東京都世田谷区玉川3-17-1 高島屋玉川店 地階フーズギャラリー洋菓子
 03-3709-3111(大代表)

《お客様からのお問い合わせ》
アンリ・ルルーお客様相談窓口
0120-033-340(月~金 10:00~18:00)

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る