【森永乳業×ゴディバ】「GODIVA ショコラシトロン」6月26日(火)より全国のコンビニエンスストアで新発売!

【森永乳業×ゴディバ】「GODIVA ショコラシトロン」6月26日(火)より全国のコンビニエンスストアで新発売!
スポンサーリンク

ご好評につき新商品第三弾!『GODIVA』監修、ミルクチョコレートと爽やかなシトラスのハーモニー

森永乳業は、ゴディバ監修のチルドカップ飲料「GODIVA ショコラシトロン」を、6月26日(火)よりコンビニエンスストア限定で発売いたします。

<森永乳業ウェブサイト> http://www.morinagamilk.co.jp
<「GODIVA チルドカップドリンク」ウェブサイト> https://www.godiva-chilledcupdrink.jp

チルドカップ飲料市場は、2017年は1,085億円で、前年対比103.9%と伸長しております。(※1)市場の8割を占めるコーヒーが堅調に推移し、スムージーやココア系への支持が全体を底上げしています。また、チルドカップココア系市場は、チョコレートへの関心の高まりとともに「GODIVA ミルクチョコレート」を含む新商品の発売により、2017年は32億円で、前年比115.5%と伸長しております。(※2)
※1 インテージSRI チルドカップ飲料 2017年1月~12月 累計販売金額
※2 インテージSRI チルドカップ飲料(ココア系) 2017年1月~12月 累計販売金額

「GODIVA ショコラシトロン」は、『GODIVA』が監修した本格的なチョコレートドリンクです。『GODIVA』の厳格な品質基準に則したクーベルチュールチョコレートを使用しており、『GODIVA』ならではの本格的な味わいに仕上げました。口あたりまろやかなミルクチョコレートと爽やかなシトラスのハーモニーが楽しめ、夏のご褒美にピッタリです。また、柑橘をあしらったカラフルなパッケージデザインで爽やかさと華やかさを演出しました。チルドカップ飲料「GODIVA ショコラシトロン」をお召し上がりいただき、至福のひと時をお楽しみください。



商品特長

  1. “本格的なチョコレート”として多くの方々に愛されている『GODIVA』が監修した、日々の癒しをお届けするチョコレートドリンクです。
  2. 『GODIVA』の厳格な品質基準に則したクーベルチュールチョコレートを使用し、本格的な味わいに仕上げました。
  3. 口あたりまろやかなミルクチョコレートと爽やかなシトラスのハーモニーが楽しめ、夏のご褒美にピッタリです。
  4. 柑橘をあしらったカラフルなパッケージデザインで爽やかさと華やかさを演出しました。

商品概要

【森永乳業×ゴディバ】「GODIVA ショコラシトロン」6月26日(火)より全国のコンビニエンスストアで新発売!

  1. 商品名:GODIVA ショコラシトロン
  2. 種類別名称:乳飲料
  3. 内容量:180ml
  4. カロリー:193kcal(180ml当たり)
  5. 包装形態:アセプティックカップ
  6. 保存方法:要冷蔵10℃以下
  7. 賞味期限:70日間
  8. 主要ターゲット:甘い飲料で癒されたい30~40代男女
  9. 主要売場:コンビニエンスストア
  10. 希望小売価格:220円(税別)
  11. 発売日・地区:6月26日(火)・全国
  12. JANコード:4902720 134514

<参考> 『GODIVA』について

ベルギー・ブリュッセルでマスターショコラティエだったドラップス氏が、1945年に「ショコラトリー・ドラップス」を「ゴディバ」とし、ブリュッセルのレオポルド2世通りに、「ゴディバ」第1号店をオープンしました。その後、季節のテーマや折々の出来事に題材を得て、創造性に富んだ粒チョコレートを次々と発表したり、美しいディスプレイやラッピングでウインドウを飾り、「ゴディバ」の名は瞬く間にベルギー中に拡がると同時に、チョコレートが高級で個性的なギフトとなりました。1972年、高級チョコレートの先駆けとして日本に進出した後、現在では290以上の店舗を構えるまでに至っています。

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る