【祇園辻利×男前豆腐店】濃厚な抹茶と豆乳のマリアージュ「豆乳ソフト」を祇園本店と八条口店限定で7月18日より販売開始

【祇園辻利×男前豆腐店】濃厚な抹茶と豆乳のマリアージュ「豆乳ソフト」を祇園本店と八条口店限定で7月18日より販売開始

本物を追究する京都企業のアツいコラボレーション商品が再び!

株式会社祇園辻利は、2020年7月18日より、株式会社男前豆腐店の豆乳をつかった祇園本店と八条口店限定のテイクアウトメニュー「豆乳ソフト」を期間限定で提供いたします。祇園本店と京都駅八条口店限定のテイクアウトメニュー「豆乳ソフト」。
斬新なネーミングとパッケージで人気が高い「男前豆腐店」の上質な豆乳で作った「豆乳ソフト」豆腐という伝統的な食品を守りつつ新しい概念に挑戦し、「本物は裏切らない」をコンセプトに豆腐作りの革命家とも呼ばれる「男前豆腐店」の濃厚な豆乳と、ほんまもんの宇治茶にひたすらこだわる祇園辻利が厳選した濃厚な宇治茶を組み合わせたコラボメニューです。

【祇園辻利×男前豆腐店】濃厚な抹茶と豆乳のマリアージュ「豆乳ソフト」を祇園本店と八条口店限定で7月18日より販売開始

2019年7月に大好評だった「豆乳抹茶オレ」に続く待望のソフトクリームメニューとして、抹茶と豆乳、そしてほうじ茶と豆乳の新たな可能性が花開きました。
濃厚な豆乳ソフトに、トロリとした抹茶ソースを組み合わせた「豆乳ソフト 抹茶」。

【祇園辻利×男前豆腐店】濃厚な抹茶と豆乳のマリアージュ「豆乳ソフト」を祇園本店と八条口店限定で7月18日より販売開始

さらに、ほうじ茶好きな方にぜひ味わっていただきたい、芳醇な香りがしっかりと感じられるほうじ茶ソースをかけた「豆乳ソフト ほうじ茶」。

【祇園辻利×男前豆腐店】濃厚な抹茶と豆乳のマリアージュ「豆乳ソフト」を祇園本店と八条口店限定で7月18日より販売開始

宇治茶と豆乳のマリアージュをお楽しみ頂けます。

商品概要

商品名:豆乳ソフト(抹茶/ほうじ茶)
※特定原材料:乳・小麦
提供価格:470円(税込)
提供期間:2020年7月18日(土)~ ※夏季限定
※予告なく終了する場合があります。予めご了承ください。
提供店舗 :祇園辻利 祇園本店・京都駅八条口店

男前豆腐店

本社は京都府南丹市。2005年3月設立。大豆の旨みを極限まで引き出す独自の製法を開発し、「特濃ケンちゃん」等を含む最大のヒット商品「ケンちゃんシリーズ」が累計出荷数3億パックに到達。斬新でユニークなパッケージデザインがトレードマーク。豆腐という伝統的な食品を守りつつ、新しい概念の創造に挑戦し、今日に至る。
https://otokomae.jp/

公式SNS

【祇園辻利×男前豆腐店】濃厚な抹茶と豆乳のマリアージュ「豆乳ソフト」を祇園本店と八条口店限定で7月18日より販売開始

宇治茶一筋、京都祇園にお店を構えて71年の「祇園辻利」と、良質な宇治抹茶を贅沢に使った抹茶スイーツをご提供して41年「茶寮都路里」の公式SNSです。商品や最新メニュー、祇園の風景などをアップしていきます。たくさんのフォローやいいねをお待ちしています。
■Facebook:https://www.facebook.com/giontsujirisaryotsujiri/
■Instagram:https://www.instagram.com/giontsujirisaryotsujiri/

祇園辻利について

【祇園辻利×男前豆腐店】濃厚な抹茶と豆乳のマリアージュ「豆乳ソフト」を祇園本店と八条口店限定で7月18日より販売開始
祇園辻利の歴史は、1860年(萬延元年)、屋号を初代・辻利右衛門の名より「辻利」とし、宇治(現・京都府宇治市)にて宇治茶の製造と販売を開業したことに始まります。
のちに京都・祇園を礎とすることから、「祇園辻利」と改名いたしました。古くより不老長寿のために珍重されてきたお茶は、心身にゆとりと安らぎを与える一 服の贈りもの。お茶の豊かな味わいと愉しみをお届けすることで、人々の健やかな日々と日本の伝統文化の継承に貢献してまいります。

社名:株式会社祇園辻利
所在地:
 本社:京都市東山区小松町11-5
 本店:京都市東山区祇園町南側573−3
代表者:代表取締役三好正晃
事業内容:宇治茶・抹茶菓子販売
webサイト:https://www.giontsujiri.co.jp
オンラインストア:https://www.kyoto-wel.com/shop/S81095/

※発表時点の情報です。予告なしに予定が変更となる場合もあります。あらかじめご了承ください。

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。