【Chabadi (チャバディ)】タイではスタンダードなストリートサイドのドリンクスタンドが東京・原宿にOPEN!

【Chabadi (チャバディ)】タイではスタンダードなストリートサイドのドリンクスタンドが東京・原宿にOPEN!
スポンサーリンク

日本の暑い夏に冷たくて甘〜いタイスタイルのミルクティーを!

微笑みの国タイで人気のストリートドリンクカルチャーを日本へ!Chabadi Thai style tea 東京・原宿にOPEN!
Hmong closet株式会社は、タイスタイルのミルクティ“チャーイェン”をメインにした“Chabadi Thai style tea”を2018年8月8日(水)東京・原宿にオープンしました。

【Chabadi (チャバディ)】タイではスタンダードなストリートサイドのドリンクスタンドが東京・原宿にOPEN!

タイではスタンダードな、ストリートサイドのドリンクスタンド。飲みたい時にさっと買ってごくごく飲む。そんなストリートドリンクスタイルで商品を提供するChabadiが原宿にオープン。タイの茶葉にオリジナルブレンドのスパイスを加えた薫り高い紅茶にコンデンスミルクをたっぷり入れたチャーイェンミルクティーを始め、レモンを絞ると紫色に変わるブルーティー(アンチャン)、タイ原産のドイチャンコーヒーや、高級フルーツサラ由来のピンクミルクなど、美味しさとカラフルな可愛さを合わせもつメニューをラインナップしました。タイではあまり馴染みのない、大粒のタピオカやホイップクリームもトッピングとしてご用意。オリジナリティ溢れる、ストリートドリンクの楽しみ方を提案してまいります。

店舗概要

◆店舗名称:Chabadi (チャバディ)
◆店舗所在地:150-0001 東京都 渋谷区神宮前4-26-28 青いビルの1階
◆営業時間:朝11時→夜19時
◆定休日:なし
◆主なメニュー(価格は消費税別です)
・ミルクティー (オリジナルスパイスブレンドの紅茶+コンデンスミルク) 大¥450 小¥380
・ブラックティー (オリジナルスパイスブレンドの紅茶 無糖でスッキリ)大¥400 小¥300
・ブルーティー (天然ハーブアンチャンティーwithレモン)大¥450 小¥350
・グリーンミルクティー (抹茶+コンデンスミルク)大¥530 小¥430
・ミルクコーヒー (ドイチャンコーヒー+コンデンスミルク)大¥480 小¥380
・ピンクミルク (サラシロップ+コンデンスミルク)大¥480 小¥380
 ※紅茶、コーヒーはブラックもあります。※カスタムブレンドオーダー承ります。※甘さの調整可能。
・トッピングタピオカ ¥50 ・トッピングホイップクリーム¥50 ・マシュマロ ¥50

【Chabadi (チャバディ)】タイではスタンダードなストリートサイドのドリンクスタンドが東京・原宿にOPEN!

※メニューは予告なく変更の場合があります。

<スポンサーリンク>

Chabadiとは?味とコミュニケーションへのこだわりを込めたネーミングです。

店名の“Chabadi”は造語です。Chaba=茶葉に、タイ語の「Di」=Goodで良いお茶を意味しながら、タイ語の挨拶「サワディ」=Helloをニュアンスさせました。オリジナルのスパイスブレンドや、できる限りその場で作る手法など、ドリンク本来の美味しさへのこだわりと、微笑みの国の笑顔と接客をお客様とのコミュニケーションを忘れないよう常に挨拶を心がける、そんな想いを店名にその想いを込めました。

【Chabadi (チャバディ)】タイではスタンダードなストリートサイドのドリンクスタンドが東京・原宿にOPEN!

※のれんが目印です。

夏限定メニュースッキリとした味わいの“金魚”販売

タイ原産のアンチャンを使ったブルーティーをベースに、ソーダで割ってレモンで味付けした“金魚”を夏限定で販売いたします。夏祭りの金魚すくいをイメージしたChabadiの金魚は、ミントの葉とさくらんぼを加え、鮮やかなブルーとグリーンと赤のコンビネーションがキレイな夏らしいお味と見た目が特徴です。
金魚 ¥550(消費税別)

【Chabadi (チャバディ)】タイではスタンダードなストリートサイドのドリンクスタンドが東京・原宿にOPEN!

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る