【ベン&ジェリーズ 表参道ヒルズ店 ららぽーと豊洲店】一口食べたらモ~とまらない!新フレーバー『ソルティーキャラメルブラウニー』が登場!

スポンサーリンク
【ベン&ジェリーズ 表参道ヒルズ店 ららぽーと豊洲店】一口食べたらモ~とまらない!新フレーバー『ソルティーキャラメルブラウニー』が登場!

発売日:2017年9月1日(金)

アメリカ生まれのスーパープレミアムアイスクリーム「Ben&Jerry’s(ベン&ジェリーズ)」

9月1日(金)より新フレーバー『ソルティーキャラメルブラウニー』を国内2店舗にて発売いたします。

『ソルティーキャラメルブラウニー』は、塩キャラメル味のアイスクリームにこだわりのブラウニーがゴロゴロ入った、食べごたえのあるフレーバーです。ベン&ジェリーズでは創業以来、「ビジネスには、そこで得たものを社会に還元する責任がある」という考えのもと、ビジネス自体が社会に貢献するものになるよう、気候変動問題やフェアな結婚制度などの社会問題に取り組んでいます。

アイスクリームに使われているブラウニーは、ニューヨークの「グレイストンベーカリー」から仕入れています。グレイストンベーカリーは、毎日の生活に困っている方々に学歴・職歴不問で仕事を提供し、その収益を育児や教育、医療サービスに還元しています。今回、ブラウニーのおいしさと、ブラウニーを通じたベン&ジェリーズの社会問題への取り組みについて広く知ってもらうため、『ソルティーキャラメルブラウニー』をお買い上げいただいた方には、キャンペーン期間中に限りブラウニーのトッピングをプレゼント*¹いたします。

【ベン&ジェリーズ 表参道ヒルズ店 ららぽーと豊洲店】一口食べたらモ~とまらない!新フレーバー『ソルティーキャラメルブラウニー』が登場!

ダイエット中の人も、今日だけは罪の意識を感じないでアイスクリームを食べられるはず。だって、あなたが食べているおいしいアイスクリームは、世界の困っている方々を救っています。ほかにも、ベン&ジェリーズのアイスクリームには、作る人も食べる人も、牛もニワトリも、みーんながハッピーになれるたくさんの「いいこと」がつまっています。

(スポンサーサイト)

ベン&ジェリーズの「いいこと」

  1. ひとつひとつのフレーバーに、特別なこだわりが詰まっています!
  2. 日本初*²のフェアトレード認証アイスクリーム。
  3. おいしいミルクのため、牛にも地球にもハッピーな酪農をサポート。
  4. 放し飼いで育てたニワトリの卵を使用。
  5. 合成の着色料や甘味料を使わず、安心な原材料で作っています。
  6. 未来のために、地球の気候変動問題に取り組んでいます。

<ソルティーキャラメルブラウニー>

【発売日】2017年9月1日(金)
【サイズ/価格(税込)】スモール380円/レギュラー500円/ラージ680円
【販売店舗】ベン&ジェリーズ 表参道ヒルズ店/ベン&ジェリーズ ららぽーと豊洲店

■ベン&ジェリーズとは

【ベン&ジェリーズ 表参道ヒルズ店 ららぽーと豊洲店】一口食べたらモ~とまらない!新フレーバー『ソルティーキャラメルブラウニー』が登場!

アメリカ・バーモント州で生まれたスーパープレミアムアイスクリーム「ベン&ジェリーズ」は、1978年、アイスクリームが大好きな2人の青年ベンとジェリーが、ガソリンスタンド跡地に開いた小さなお店から始まりました。ゴロゴロしたチャンク(チョコレートやクッキーの具)が入ったユニークなアイスクリームはたくさんの人を虜にし、現在は世界37か国*³で展開しています。日本では旗艦店「表参道ヒルズ店」と「ららぽーと豊洲店」の2店舗で営業中。ミニカップは関東、関西、中部、東北、中四国、沖縄の一部のスーパーやオンラインストアなどでも販売しています。お店と同じおいしさをご家庭でも楽しんでいただけます。

*¹ トッピングのブラウニーはスワンベーカリー製
*² フェアトレードラベルジャパン調べ
*³ アイスクリームショップを22か国で展開しているほか、小売のみの展開を15か国で行っています。

フリーダイヤル 0120-500-985(9:00~17:00 土日祝を除く)
公式HP http://www.benjerry.jp
公式Facebook https://www.facebook.com/BenJerrysJapan
公式インスタグラム @benjerry_jp
公式Twitter @benandjerrys_jp

※イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る