【beillevaire(ベイユヴェール)六本木ヒルズ】フランス発 人気スイーツ店が新業態POP UP店を10月19日オープン!

【beillevaire(ベイユヴェール)六本木ヒルズ】フランス発 人気スイーツ店が新業態POP UP店を10月19日オープン!

昨年、フランス発 日本初上陸 として 麻布十番に旗艦店出店の チーズケーキ & バターサンド専門店【beillevaire】が六本木ヒルズ ノースタワー1Fに新感覚スイーツスタンドを期間限定営業

【beillevaire(ベイユヴェール)六本木ヒルズ】フランス発 人気スイーツ店が新業態POP UP店を10月19日オープン!

パリ5つ星ホテル御用達フロマジェリーが新たに提案するスイーツは、フランス直送プレミアムチーズを使用した【濃厚フロマージュ・プディング】や、ふんわり食感のスフレ生地で軽いチーズクリームを贅沢にサンドしバーガーに見立てた【スフレバーガー・フロマージュ】、また麻布十番店でも人気の発酵バターのソフトクリームや高級ブルーチーズ使用の季節限定パフェ【パルフェ・ド・セゾン】など酪農大国フランスの素材感を堪能できるスイーツをラインナップ。
東京 麻布十番にフランス発フロマジェリー&パティスリー【ベイユヴェール】を運営する株式会社T.K.SHIN(本社:兵庫県西宮市)は、2018年10月19日から2019年末までの約400日の期間限定にて、新業態となるスイーツスタンド POP UP店舗【モンプチ・プレジール・ベイユヴェール(MONT PETIT PLAISIR beillevaire)】を開業致します。フランス語で「私の小さなお楽しみ」を意味する「モンプチ・プレジール」というキーワードを冠に排した新感覚スイーツスタンド店はブランドとして初の試みとなります。

六本木POP UP主力スイーツ「スフレ・バーガー・フロマージュ」

【beillevaire(ベイユヴェール)六本木ヒルズ】フランス発 人気スイーツ店が新業態POP UP店を10月19日オープン!

六本木POP UP主力スイーツ「フロマージュ・プディング」

【beillevaire(ベイユヴェール)六本木ヒルズ】フランス発 人気スイーツ店が新業態POP UP店を10月19日オープン!



六本木POP UP主力スイーツ「パルフェ・ド・セゾン」

【beillevaire(ベイユヴェール)六本木ヒルズ】フランス発 人気スイーツ店が新業態POP UP店を10月19日オープン!

代表商品:発酵バターサンド「サンド・オ・ブール」

【beillevaire(ベイユヴェール)六本木ヒルズ】フランス発 人気スイーツ店が新業態POP UP店を10月19日オープン!

ブランド創業者で現メゾン当主「パスカル・ベイユヴェール」は酪農家でありながら、フランス国内でチーズ熟成士として最高位の「Maître Fromager」の初号を与えられたチーズのスペシャリスト。今回六本木限定でベイユヴェールの発酵バターやプレミアムチーズを使用した、パフェや、濃厚なチーズプリン、ふんわり食感のスフレに濃厚ながらも軽い口当たりのチーズクリームをサンドしハンバーガーに見立てたスフレバーガーなど新作スイーツに加えて麻布十番の旗艦店で人気のラインナップとなるチーズケーキやバターサンドも用意。
日本上陸から1年で150以上のメディアに取り上げられ話題となったパリ5ツ星ホテル御用達フロマジェリーが手がけるスイーツブランドの新展開にどうぞご期待ください。

ブランド紹介:ベイユヴェール(beillevaire)とは

創業1980年、フランス西部 マシュクール村にチーズと発酵バターのアトリエ兼本拠地を置くフロマジェリー。酪農家でもありチーズ熟成士の現メゾン当主、パスカル・ベイユヴェールのクリエイションとマシュクールのテロワールが生み出す発酵バターやチーズが美食の都パリの5つ星ホテルやミシュランスターシェフたちからも人気が高くフランスを代表する食のプロ御用達フロマジェリーとして知られる。株式会社T.K.SHINとのパートナーシップにより昨年夏に日本初上陸を果たし、ブランド発となるパティスリーを麻布十番にオープン。昔ながらの木製撹拌器による製法にこだわるベイユヴェールの発酵バターやチーズを使ったバターサンドやチーズケーキが人気となり多数のメディアでも取り上げられ今後は都内を中心に全国主要デパートなどへの店舗展開を目指す。

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る