【一八〇°(ひゃくはちじゅうど)】ブランド初“甘いおせんべい”を6/22発売 種子島産安納芋×黒糖たれの「ふらいど 安納芋の膳」

【一八〇°(ひゃくはちじゅうど)】ブランド初“甘いおせんべい”を6/22発売 種子島産安納芋×黒糖たれの「ふらいど 安納芋の膳」
スポンサーリンク

贈り物におすすめ、5種の味が楽しめる「詰合せ」も同時発売

2017年秋に立ち上げたおせんべいブランド『一八〇°(ひゃくはちじゅうど)』より、種子島産安納芋に沖縄県産黒糖のタレを使用したえびせんべい「ふらいど 安納芋の膳」を発売。また、新発売の「安納芋の膳」に加え、「えびの膳」、「じゃこの膳」、「抹茶の膳」、「柚子めんたいの膳」が一緒に味わえる、贈り物におすすめの「詰合せ」も発売いたしました。

【一八〇°(ひゃくはちじゅうど)】ブランド初“甘いおせんべい”を6/22発売 種子島産安納芋×黒糖たれの「ふらいど 安納芋の膳」

一八〇°ブランドサイト・オンラインショップ: http://180-do.com

一八〇°(ひゃくはちじゅうど)について

スギ製菓株式会社が2017年9月18日に立ち上げた、“ごちそうおやつ”をテーマにした新しいおせんべいブランド。おせんべいのイメージを180度くつがえすような、新しいおいしさとお洒落な佇まいのおせんべい体験をお届けしています。

『ふらいど 安納芋の膳』について

『ふらいど 安納芋の膳』は、種子島産安納芋に沖縄県産の黒糖をあわせた濃厚な味わいです。隠し味に酒粕を入れ、アクセントに黒ごまを加えた風味豊かな一品です。

『ふらいど 安納芋の膳』が発売されるまで

2017年9月18日からオープンし今日まで発売している「ふらいど」シリーズは、たれが塗られていない甘くない商品でした。
新商品は、現在販売している商品にはない“甘いおせんべい”を届けたいという想いがあり、色々な素材がある中で今回、新商品の素材として『いも』を選びました。選んだ理由として、開発者・企画者全員が『いも』が好きということと、社内の30~40代の女性へのアンケート行った結果、『いも』に対して好感を抱いている人が多かったことが今回商品化に辿り着いた理由の一つです。
また『いも』と相性の良い黒糖をたれとして使用することで、おせんべいの魅力を最大限に引き立たせ甘みやコクを感じることができます。黒ごまは、おせんべいに香ばしさをプラスし、風味豊かに味わうことができます。



商品概要

ふらいど 安納芋の膳

特徴    :種子島産安納芋に沖縄県産の黒糖をあわせた濃厚な味わいです。隠し味に酒粕を入れ、アクセントに黒ごまを加えた風味豊かな一品です。
内容量・価格:8枚・袋入/648円(税込)、12袋・箱入/1,080円(税込)
発売日   :2018年6月22日(金)
購入先   :『一八〇°』店舗(愛知県安城市)、オンラインショップ
【一八〇°(ひゃくはちじゅうど)】ブランド初“甘いおせんべい”を6/22発売 種子島産安納芋×黒糖たれの「ふらいど 安納芋の膳」

ふらいど 詰合せ

特徴 :ふらいど えびの膳、ふらいど じゃこの膳、ふらいど 抹茶の膳、ふらいど 柚子めんたいの膳、ふらいど 安納芋の膳の五種の味が楽しめる、贈り物に最適な詰合せ
内容量:36枚入
 (えびの膳 12枚、じゃこの膳、抹茶の膳、柚子めんたいの膳、安納芋の膳 各6枚)
価格 :3,240円(税込)
発売日:2018年6月22日(金)
購入先:『一八〇°』店舗(愛知県安城市)、オンラインショップ

【一八〇°(ひゃくはちじゅうど)】ブランド初“甘いおせんべい”を6/22発売 種子島産安納芋×黒糖たれの「ふらいど 安納芋の膳」

店舗情報

店舗名 :一八〇°(ひゃくはちじゅうど)
所在地 :愛知県安城市横山町横山189-1
電話番号:0566-93-8080
営業時間:9時30分~18時30分
定休日 :水曜日・元日
・ブランドサイト・オンラインショップ: http://180-do.com
・Facebook : https://www.facebook.com/180do.jp/
・Instagram: https://www.instagram.com/180do.jp/

【商品に関するお客様からのお問い合わせ先】
スギ製菓株式会社 直販事業部 直販本部
電話:0566-42-6112
FAX :0566-42-4383

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!
全国のスイーツ情報や期間限定アニメとのコラボ情報をいち早くゲットしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る