【ホテル日航福岡】Christmas Cake Collection 2017 あまおう苺など使用した6点のクリスマスケーキをご用意!

【ホテル日航福岡】Christmas Cake Collection 2017 あまおう苺など使用した6点のケーキをご用意!
スポンサーリンク

ホテル日航福岡は、クリスマスケーキのご予約受付を開始いたしました。

本年は、新作フォレノワールや限定20個となる、契約農園のあまおう苺を使用した「プレミアムショートケーキ」など6点のケーキを用意しております。ご予約の受付は12月15日(金)までとなります。

【ホテル日航福岡】Christmas Cake Collection 2017 あまおう苺など使用した6点のケーキをご用意!

毎年人気のあまおう苺、九州産生クリームをふんだんに使用した「プラン・ドゥ・フレーズ」をはじめ、フランス産チョコレートとピスタチオブリュレのコンビネーションが美味しい「チョコレートケーキ」や今年初登場のフランス産チョコレートで甘酸っぱいサワーチェリーとキルシュ酒を加えたババロアを包み込んだ「フォレノワール」などバラエティ豊かなラインアップとなります。
ホテル日航福岡パティシエが一つ一つ心を込めて作る華やかで美しいクリスマスケーキを大切な方と是非、ご堪能ください。

■予約受付期限:2017年12月15日(金)迄
■引き渡し期間:2017年12月22日(金)~12月25日(月)11:00~19:00
■予約受付・引き渡し場所:1階「 ティー&カクテルラウンジ」

商品

【ガトー・フレーズ】4,500円(税込)◎直径15㎝

ふわふわのスポンジにこだわりのあまおう苺、九州産生クリームをたっぷりはさんだ毎年人気の一品です。

【チョコレートケーキ】4,500円(税込)◎直径15㎝

フランス産チョコレートとピスタチオブリュレのコンビネーションをお楽しみください。

今年新登場!!【フォレノワール】4,320円(税込)◎23cm

フランス産ミルクチョコレートのムースに甘酸っぱいサワーチェリーとキルシュ酒を加えたババロアを包み込みました。

<限定200個>【シュト-レン】2,900円(税込)◎長さ17㎝

ドライフルーツをたっぷりと練り込みしっとりと焼き上げたドイツのアドベント菓子。

【プラン・ドゥ・フレーズ】8,000円(税込)◎直径18㎝

アーモンド風味のスポンジに軽めのカスタードクリーと九州産生クリーム、あまおう苺をたっぷりはさんだ贅沢なケーキです。

<限定20個>【プレミアムショートケーキ】 18,000円(税込)◎横33㎝×縦23㎝×高さ5cm

【ホテル日航福岡】Christmas Cake Collection 2017 あまおう苺など使用した6点のケーキをご用意!

ホテル自慢のふわふわスポンジと、九州産生クリームやカスタードクリームに契約苺農園で丹精込めて作られたこだわりのあまおう苺を使用したパーティサイズのプレミアムケーキです。

【お客様からのご予約・お問合せ】

●ティー&カクテルラウンジ 092-482-1167(直通)8:00~20:00

ホテル日航福岡について
■客室数:360 ■本館:地上14階、地下3階 ■新館:地上3階、地下2階
ホテルチェーン「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル(NHI)」の国内8番目のホテルとして1989年7月8日に福岡市博多区に開業。ホテル日航福岡は、JR博多駅(博多シティ)から徒歩3分、利便性に優れたロケーションに位置する博多の国際級ホテルです。ハイクオリティを意識した客室空間はワンランク上の上質な滞在をお約束いたします。また全8種のレストラン&バーでは、博多ならではの旬の食材にこだわったお料理と心温まるサービスでおもてなしいたします。このほか2,000名を収容できる国際会議から大規模なイベントに対応可能な大宴会場「都久志の間」をはじめ、お客様の目的やシーンに合わせお選びいただける大小12の宴会場をご用意しております。ヨーロッパのゴシック聖堂をモチーフとした、石材はヨーロッパの大聖堂で使用されているもので形造られている新館3階の「チャペル プリエール」。チャペル後方には挙式用としては、西日本最大級のフランス・ケルン社製のパイプオルガンを配し、1999年に完成しました。挙式のみならずコンサートにも対応できる他にはない本格的なチャペルをご用意しております。
https://www.hotelnikko-fukuoka.com/

※この情報は掲載時点での情報です。イベント内容や情報が変更になる場合がございます。必ず公式サイトやお店にご確認してください。

スポンサーリンク

スイーツメディアsweets_media

投稿者プロフィール

東京、大阪のスイーツ店やイベント情報、コラボカフェのご紹介!

この著者の最新の記事

関連記事

よく読まれている記事

スポンサーサイト
ページ上部へ戻る